科学ちゃんねる

科学を中心としたまとめです。

人気記事

    研究

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/11/03(土) 20:17:58.57 ID:RMfvXOuL0 BE:323057825-PLT(12000)

    地球の悩みの種となっているプラスチックごみを処理するための研究の中で目立つのは、プラスチックを食べて分解する虫の発見である。

    スペイン・カンタブリア生物医学生命工学研究所のペデリカ・ベルトチニ博士と英ケンブリッジ大学の研究チームは、4月、ガレリアメロネラの幼虫がビニール袋に穴をあけて食べたことを偶然目撃した。
    幼虫をビニール袋に12時間入れておく実験の結果、袋の重さが元より92ミリグラム減少したことを確認した。

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ★ 2018/10/30(火) 13:53:11.21 ID:CAP_USER
    【10月30日 AFP】
    米航空宇宙局(NASA)は29日、8月に打ち上げられた太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ(Parker Solar Probe)」が、太陽に最も接近した人工物として新記録を達成したと発表した。

     NASAによると、パーカー・ソーラー・プローブは米東部夏時間(EDT)の29日午後1時04分(日本時間30日午前2時04分)ごろ、米国と旧西ドイツが共同開発した探査機「ヘリオス(Helios)2号」が1976年4月に打ち立てた太陽最接近記録4273万キロ地点を通過した。


    no title



    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ★ 2018/10/30(火) 15:28:37.72 ID:CAP_USER
    「FGFBP3」という天然タンパク質を使った治療を18日間行ったマウスが、体内の脂肪の3分の1を減らすことに成功したと、アメリカのジョージタウンにあるがんセンター「Georgetown Lombardi Comprehensive Cancer Center」のAnton Wellstein氏ら研究チームが発表しました。

    Fibroblast Growth Factor Binding Protein 3 (FGFBP3) impacts carbohydrate and lipid metabolism | Scientific Reports
    https://www.nature.com/articles/s41598-018-34238-5

    Obese mice lose a third of their fat using a natural protein -- ScienceDaily
    https://www.sciencedaily.com/releases/2018/10/181029084038.htm

    研究者は新しい治療法によって、高血糖症のような肥満に関係する障害をマウスから取り除くことに成功したとのこと。また、脂肪肝から脂肪を取り除くことにもなりました。顕微鏡検査や臨床検査を行っても、マウスに副作用は現れていなかったといいます。


    no title
    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018102204_01
    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/10/22(月) 15:16:50.32 ID:F1EHfmsy0 BE:422186189-PLT(12015)

    日揮と産業技術総合研究所は19日、再生可能エネルギーの電気で製造した水素を原料とする
    アンモニアを合成し、そのアンモニアを燃料に用いた発電に成功したと発表した。

    水素製造からアンモニアの合成、アンモニアによる発電までを一貫して行ったのは世界で初めて。

    アンモニアをガスタービン発電機(出力47キロワット)に投入して発電したことを確認した。
    今後は発電装置の大型化やアンモニアの製造コスト削減を目指して研究を継続する。

    https://www.denkishimbun.com/archives/33762

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/10/21(日) 17:32:28.77 ID:CAP_USER
    2018年10月21日17時25分
    写真・図版
    no title

    ノーベル賞の授賞式後、自宅でインタビューに答える下村脩さん=2008年12月23日、米マサチューセッツ州

     2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩(おさむ)さんが死去した。90歳だった。
    https://www.asahi.com/articles/ASLBP5QKDLBPULBJ005.html

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    figure_question
    1: 樽悶 ★ 2018/10/16(火) 04:35:33.63 ID:CAP_USER9
    https://images.unsplash.com/photo-1505264987448-83038d4272ee

    科学・技術・工学・数学の教育分野を指すSTEMは「女性よりも男性の方が向いている」というステレオタイプがいまだ存在します。では実際に性別によって差異はあるのか?と、160万人の高校生の成績を男女で比較した結果が発表されています。

    Gender differences in individual variation in academic grades fail to fit expected patterns for STEM | Nature Communications
    https://www.nature.com/articles/s41467-018-06292-0
    Study of 1.6 million grades shows little gender difference in maths and science at school
    https://theconversation.com/study-of-1-6-million-grades-shows-little-gender-difference-in-maths-and-science-at-school-101242

    ニューサウスウェールズ大学のRose O'Deas氏やShinichi Nakagawa氏らが160万人の学生の数学およびエンジニアリングの成績を調査したところ、成績に男女差はほとんど認められなかったとのこと。このことから、STEMの分野で女性のキャリアと男性のキャリアに差があるのは、学術的な成果が理由ではないと研究者はみています。

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ★ 2018/10/14(日) 19:39:35.54 ID:CAP_USER
    (CNN) ポーランドで数年前に発見された同国最古の人骨は、巨大な鳥の餌にされたネアンデルタール人の子どもの骨だったことが、人類学研究チームの調査で明らかになった。ポーランド科学・高等教育省が発表した。

    見つかったのは長さ1センチほどの手の指の骨2本で、5~7歳のネアンデルタール人の子どもの骨だったと推定される。発見時は動物の骨と一緒になっていたことから、人骨と判明したのは今年に入ってからだった。

    年代は11万5000年前と特定された。それまでポーランドで見つかった人骨の中では、約5万2000年前のものが最古とされていた。

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ★ 2018/10/14(日) 23:29:50.86 ID:CAP_USER
    人類にとってまだまだ未知の領域である「宇宙空間で長く生活する」ことで生じるさまざまな人体への影響が徐々に明らかになっています。NASAの資金提供を受けて行われた研究では、地球を離れた深宇宙に長時間滞在することにより胃や腸などの消化器官がダメージを受け、ガンが引き起こされる可能性が明らかになってきています。

    Animal Study Suggests Deep Space Travel May Significantly Damage GI Function in Astronauts | Georgetown University Medical Center | Georgetown University
    https://gumc.georgetown.edu/news/Animal-Study-Suggests-Deep-Space-Travel-May-Significantly-Damage-GI-Function-in-Astronauts

    NASA-funded study says long trips in space could destroy astronauts' stomachs and cause cancer - CNN
    https://edition.cnn.com/2018/10/02/us/nasa-study-deep-space-travel-trnd/index.html

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ★ 2018/10/14(日) 19:42:11.72 ID:CAP_USER
    うだるような夏の暑さに襲われている時に「どうせならこの暑さを貯めておいて、冬に暖房として使えたらいいのに」などと思ったことがある人もいるはず。現実には熱エネルギーをいつまでも保ち続けることは難しく、夏の暑さを冬に活用することは容易ではなかったのですが、新たに開発が進められているシステム「MOST」は、全く別の方法を用いることで熱を分子の中に閉じ込めて再利用することが可能なシステムとなっています。

    Emissions-free energy system saves heat from the summer sun for winter | Chalmers
    https://www.chalmers.se/en/departments/chem/news/Pages/Emissions-free-energy-system-saves-heat-from-the-summer-sun-for-winter-.aspx

    New emissions-free energy system could save heat from the summer sun for winter
    https://knowridge.com/2018/10/new-emissions-free-energy-system-could-save-heat-from-the-summer-sun-for-winter/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: @くコ:彡 ★ 2018/10/14(日) 13:45:11.08 ID:CAP_USER9
    ・「ブルーマンデー」本物だった 中高年の自殺は月曜朝に急増 早稲田大

     週末が終わって、あすから1週間が始まると思うと、日曜日の夜から憂鬱な気分が始まり、月曜日の朝には足取りが重くなる状態を「ブルーマンデー(憂鬱な月曜日)」という。90万人の自殺者を調べた早稲田大学などのグループは、中高年男性の自殺が月曜日の朝に集中していることを突き止めた。日本経済が悪化した1990年代後半に顕著な傾向だという。

     
    >>追加の記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング