1: 峠 ★ 2018/10/31(水) 19:17:38.41 ID:CAP_USER
 宮城県工業高校1年の男子生徒(15)が8月、仙台市内の自宅で自殺していたことが31日、わかった。
男子生徒の父親(44)が同日、記者会見して明らかにした。父親ら遺族は「担任教諭の過度な指導があった」
などとして、原因を調査する第三者委員会の設置を求める要望書を県と県教育委員会に提出した。

 父親によると、生徒は担任の男性教諭から罵声を浴びせられたほか、提出したリポートのやり直しをさせられたり、
部活動を禁止されたりして精神的に追い詰められたとしている。生徒は「先生が自分にだけ強く当たっている気がする」
と話していたという。

 生徒は夏休み最終日の8月21日、自分の部屋で自殺しているのを母親が発見した。遺書はなかった。

ソース YOMIURI ONLINE 10/31 19:04
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181031-OYT1T50108.html

>>追加の記事を読む