科学ちゃんねる

科学を中心としたまとめです。

人気記事

    大谷翔平

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) [ニダ] 2018/11/13(火) 10:13:06.50 ID:T2GKpDiL0● BE:886559449-PLT(22000)
    エンゼルス大谷が新人王獲得!日本選手として17年ぶり4人目の快挙 野茂、佐々木、イチローに続き

     エンゼルスの大谷翔平投手(24)が12(日本時間13日)、ア・リーグの最優秀新人(新人王)に
    選出された。日本選手では1995年の野茂英雄投手(ドジャース)2000年の佐々木主浩投手、
    01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙となった。

     大谷は昨オフに日本ハムからポスティングシステムを利用し、エ軍入り。ベーブ・ルース以来の
    本格的な二刀流でプレーし、投手で10試合に先発して4勝2敗、防御率3・31。打者では104試合で
    打率・285、22本塁打、61打点、10盗塁。同一シーズンでの「10試合登板、20本塁打、10盗塁」は
    メジャー史上初だった。

     新人王は全米野球記者協会会員(BBWAA)の投票で決まる。他の候補者はともにヤンキースで
    打率・297、27本塁打、92打点の内野手アンドゥハー、同・271、24本塁打、77打点の内野手トーレス。
    数字で勝るアンドゥハーが最大のライバルとみられたが、二刀流のインパクトが地元の西海岸だけでなく
    米国全土のメディアにも認められた形となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000082-spnannex-base

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    201809270000500-w500_11
    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [US] 2018/10/02(火) 22:08:12.76 ID:4KcdtlDx0 BE:819973909-2BP(2000)

    米大リーグエンゼルスは1日、大谷翔平選手が同日午前中にロサンゼルス市内で右肘内側側副靱帯の再建手術を受け、
    手術は成功したと発表した。
    投手としての復帰は2020年以降になるとみられ、打者としての出場は19年中に可能となる見通し。

     大谷選手が受けたのは、損傷した肘の靱帯を切除し、他の部位から腱を移植して修復を図るトミー・ジョンと呼ばれる手術。
    球団のエプラーGMは「最善のシナリオは、今年のように再びマウンドに立ち、打席で打つこと」と語り、
    大谷選手の投打の「二刀流」を後押しする考えを示した。

     大谷選手は、6月6日の登板後に靱帯損傷が判明。9月2日に復帰登板を果たしたが、検査で新たな損傷が見つかり、
    医師から手術を勧められていた。

     今季の成績は投手で4勝2敗、防御率3・31。打者としては出場104試合で打率2割8分5厘、22本塁打、61打点、10盗塁。

    そーす
    https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12213-20181002-50011/
    大谷翔平 肘再建手術に成功

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)23:59:52 ID:tsB
    結局イチローや大谷って誰よりも努力家やから活躍できてるわけで
    24時間野球がうまくなることしか考えてないキチガイやん
    もし清原が同じくらい努力家ならああはなってなかったやろ

    2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)00:01:56 ID:LcM
    ワイ「藤浪は大谷以上の才能がある」

    藤浪「プロの練習は高校時代より楽だわ」

    ワイ「あっ・・・」

    3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月)00:02:31 ID:Duv
    天才しか努力できない定期

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: ばーど ★ 2018/09/29(土) 13:53:24.49 ID:CAP_USER9
    2回の第1打席で左前打を放ち、三盗を決め10盗塁目をマーク

     エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地アスレチックス戦で「4番・DH」で22試合連続スタメン出場。第1打席で左前打を放ち4試合連続安打を記録した。さらに今季10盗塁目をマーク。メジャー史上初となるシーズン20本塁打、10試合以上の登板、そして、10盗塁の偉業を達成するなど、大谷はまたしても金字塔を打ち立てた。

     2回先頭打者で登場した大谷は右腕ファイアーズの直球を巧みに捉え、左前打で出塁すると脚で見せた。1死一、二塁の場面でダブルスチール。圧巻のスピードで華麗なスライディングに成功しシーズン10盗塁に到達した。

     この瞬間、メジャー史に歴史が刻まれた。
    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    201809270000500-w500_11
    1: ばーど ★ 2018/09/27(木) 13:41:44.84 ID:CAP_USER9

    15: ばーど ★ 2018/09/27(木) 13:43:35.83 ID:CAP_USER9
    >>1 ソース

    大谷、ハム同僚マーティンから勝ち越し22号ソロ 10戦ぶり22度目のマルチ安打

     「エンゼルス-レンジャーズ」(26日、アナハイム)

     エンゼルスの大谷翔平投手(24)は「4番・指名打者」で出場し、同点の八回に昨季まで日本ハムで同僚だったクリス・マーティン投手(32)と初めて対戦し、勝ち越し22号ソロを放った。

     
    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    80411011c56accdebc2dc1b6e71d8e1f_1537919281_2
    1: pathos ★ 2018/09/26(水) 12:19:29.38 ID:CAP_USER9
     大リーグ公式サイトは25日(日本時間26日)、全米野球記者協会(BBWAA)に所属する同サイトの記者36人による両リーグの新人王の投票結果を公表し、アメリカンリーグはエンゼルスの大谷翔平投手(24)が、ナショナルリーグはブレーブスのロナルド・アクーニャ外野手(20)が最多票を獲得した。
     同サイトは5月30日以降、月1?2回のペースで投票を実施し、今回が7回目。大谷は第1回投票で1位になったが、過去5回はヤンキースのトーレス、アンドゥハー両内野手にその座を譲っていた。前回4日の投票結果は1位アンドゥハー、2位トーレスで大谷は3位だった。
     同サイトによると、大谷は26人から1位票を獲得するなどして計154点。2位のアンドゥハーは93点、3位のトーレスは71点だった。
     ナ・リーグの投票結果は1位がアクーニャ(176点)で2位はナショナルズのソト(110点)、3位はドジャースのビューラー(25点)だった。
     新人王の投票は全米各支部のBBWAAに所属する会員の中から選ばれた各リーグ30人の記者によって行われ、3名連記(1位5点、2位3点、3位1点)でその合計点で決まる。
    https://article.auone.jp/detail/1/6/10/17_12_r_20180926_1537916512190669
    スレッドURL: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537931969/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    K10011644351_1809260820_1809260820_01_02

    10: nita ★ 2018/09/26(水) 08:22:48.86 ID:CAP_USER9
    >>1

    大谷翔平選手 右ひじ手術へ 投手復帰まで1年以上の見通し

    2018年9月26日 8時20分

    投打の二刀流でプレーする大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が今シーズンの終了後、右ひじのじん帯を修復する手術を受けることになりました。ピッチャーとして復帰するまで手術のあと1年以上かかる見通しです。

    大谷選手は今月2日に先発登板したあと右ひじのじん帯に新たに損傷が見つかり、医師から手術を勧められていました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180926/k10011644351000.html

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ほニーテール ★ 2018/09/25(火) 11:25:33.15 ID:CAP_USER9
    エンゼルス-レンジャーズ」(25日、アナハイム)

     エンゼルスの大谷翔平投手(24)が「3番・指名打者」で出場し、一回に21号ソロを放った。

    19試合連続でスタメンに名を連ねた大谷は11日の試合で2打数無安打に抑えられている右腕サンプソンと再対決。一回2死走者なしの場面で初球、高めの145キロ直球を右翼席へ運んだ。8戦ぶりの本塁打は飛距離は428フィート(約130メートル)の文句なしの一撃だった。

     大谷はここまで打者で98試合(代打22試合)に出場し、打率・281、20本塁打、55打点。前日のアストロズ戦は今季7度目の1試合3三振を喫するなど、4打数無安打だった。

     
    >>追加の記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング