科学ちゃんねる

科学を中心としたまとめです。

人気記事

    はやぶさ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    K10011656671_1810031528_1810031533_01_02
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/03(水) 15:22:17.77 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181003/k10011656671000.html

    日本の探査機「はやぶさ2」が日本時間の3日午前11時ごろに小惑星に向けて新たに分離した小型探査ロボットについて、
    ロボットを運用するヨーロッパの宇宙機関は小惑星への着陸に成功したと発表しました。
    探査ロボットは小惑星の地表面でおよそ16時間の間、鉱物の組成や磁場などを調べる予定で、
    「リュウグウ」誕生の謎の解明につながるデータが得られることが期待されています。


    関連スレ
    【宇宙】はやぶさ2、欧州の小型着陸機「マスコット」を小惑星りゅうぐうに向け放出
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538536468/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: WATeR ★ 2018/09/27(木) 17:36:49.98 ID:CAP_USER9
     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」に降ろした探査ロボット2台が撮影した新たな画像を公開した。険しい岩肌や激しくぶれた地表が写っており、21日の投下後から地表を跳びはねながら観測を続けている様子がうかがえる。地表の温度はセ氏65度だった。

    探査ロボットが撮ったりゅうぐうの地表(JAXA提供)
    no title


     はやぶさ2が10月下旬に初めての着陸を目指すりゅうぐうの姿が徐々に分かってきた。

     探査ロボットは直径18センチメートル、高さ7センチメートル。地表を跳びはねて移動し、地形を調べる。現時点で2台とも動いているという。

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [CN] 2018/09/22(土) 20:59:24.18 ID:Q79zkwlo0 BE:135853815-PLT(12000)

    小惑星りゅうぐうに着陸成功

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうに向けて放出した2台の小型探査ロボットが、地表に着陸したことを確認したと発表した。

    https://this.kiji.is/416201359374435425
    スレッドURL: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537617564/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    K10011639351_1809211435_1809211440_01_02

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/09/21(金) 14:31:37.03 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180921/k10011639351000.html

    小惑星「リュウグウ」の観測を続けている日本の探査機「はやぶさ2」について、
    JAXA=宇宙航空研究開発機構は、小惑星の地表面を探査する小型ロボットの分離に
    成功したと発表しました。初代はやぶさは13年前、同様のロボットを着陸させるのに
    失敗していて、今回、実際に着陸できたかどうかは22日にも判明する見通しです。
    • スレッドURL: http://ai.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537507897/
    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ★ 2018/08/23(木) 22:03:52.09 ID:CAP_USER
     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日、探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への着陸候補地点3カ所を発表した。いずれも表面が比較的平らな赤道付近で、10月中旬に1カ所に決める。初めての着陸は10月下旬の予定。

    リュウグウは直径900メートルで、表面に無数の岩がある。はやぶさ2は高度20キロに到達した6月下旬以降、高度を変えながらリュウグウの地形を調べた。

     候補地の選定にあたり、大きな岩が少ないことや地球との交信が確実にできること、太陽光パネルが太陽に向いていることなど条件を絞り込み、第1候補は赤道上の100メートル四方の地点に決めた。その近くで、条件が良い2カ所を予備の着陸候補地にした。

     9月11~12日にかけて着陸のリハーサルをする。上空20~30メートルに接近し、大きな岩の見落としがないかや機器が正常に動くかどうかを調べる。9月下旬~10月上旬には、搭載してある小型ロボットを先に着陸させ、地表の状態を詳しく調べる。はやぶさ2自身は10月中旬に再度着陸リハーサルを実施し、10月下旬の初めての着陸に挑む。

    no title


    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL8R5QC6L8RULBJ00K.html

    スレッドURL: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1535029432/

    >>追加の記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング