1: しじみ ★ 2018/10/14(日) 23:29:50.86 ID:CAP_USER
人類にとってまだまだ未知の領域である「宇宙空間で長く生活する」ことで生じるさまざまな人体への影響が徐々に明らかになっています。NASAの資金提供を受けて行われた研究では、地球を離れた深宇宙に長時間滞在することにより胃や腸などの消化器官がダメージを受け、ガンが引き起こされる可能性が明らかになってきています。

Animal Study Suggests Deep Space Travel May Significantly Damage GI Function in Astronauts | Georgetown University Medical Center | Georgetown University
https://gumc.georgetown.edu/news/Animal-Study-Suggests-Deep-Space-Travel-May-Significantly-Damage-GI-Function-in-Astronauts

NASA-funded study says long trips in space could destroy astronauts' stomachs and cause cancer - CNN
https://edition.cnn.com/2018/10/02/us/nasa-study-deep-space-travel-trnd/index.html

地球から遠く離れた深宇宙では、宇宙のあちこちから高いエネルギーを持つ放射線「宇宙線」が飛び交っています。ジョージタウン大学メディカル・センターの研究チームは、重い原子のイオン「重イオン」を用いることで宇宙線を疑似的に再現し、マウスに長時間照射することで起こる体内器官へ影響を調査しました。 

実験の結果、低線量の宇宙線に長時間晒されることでマウスの消化管には永久的な損傷が起こり、食べ物を摂取しても栄養分を吸収できない状態にまで悪化したことが確認されたとのこと。また、腸にはがん性腫瘍の発生が見られたそうです。 

この結果からは、長期間の宇宙航行で長い期間にわたって宇宙線を浴び続けると、宇宙飛行士の胃腸は大きなダメージを受ける可能性が高いことが浮き彫りになっています。ジョージタウン大学NASA Specialized Center of Researchのトップを務めるKamal Datta氏はこの結果について「たとえば月への往復など短い航行では、このレベルのダメージを宇宙飛行士が受けることはありません。しかし本当の問題は、長い航行によって受ける継続的な損傷です」と述べています。 

1970年前後にNASAが実施した月探査プログラムでは、宇宙飛行士が月を往復するために要した時間は3日程度でした。一方、太陽系で地球の一つ外側にあり、月とは桁違いの距離がある火星への旅は9カ月かかるとされており、これまでとはあらゆる意味で次元の違う環境や出来事が宇宙飛行士を待ち受けていることは確実です。 

研究チームが掲げる懸念事項の一つが、放射線によって損傷を受けた体の器官の組織を回復させる治療法がまだ存在していないという点であるとのこと。また、降り注ぐ宇宙線を完全にブロックする保護機構を宇宙船に持たせることも困難であることから、何らかの対処法を用意しておかないと火星に向かう宇宙飛行士が健康に大きなダメージを受けることは避けられません。 

また、ひとたびガンなどが見つかったとしても宇宙空間で外科手術を行って問題の部位を取り除くことは非常に難しいと考えられています。地上とは違い、引力がほぼ存在しない宇宙空間では体液や血液が飛び出しても床に落ちずに飛散し続けるという問題が予測されるほか、無重力環境に長く住むことで臓器が通常とは異なる場所に位置するなどの影響もあると見られています。 

地球外惑星を目指す人類にのしかかる「宇宙航行中の外科手術」の難しさとは? - GIGAZINE 

やはりと言うべきか、火星への旅路に待ち構えている多くの難関の姿が徐々に明らかになってきています。Datta氏は「今後の宇宙旅行者を守るためにあらゆる事ができるように、人体への影響をあらかじめ理解しておくことは重要です」と述べています。 

GIGAZINE 
https://gigazine.net/news/20181014-long-space-trip-destroy-stomachs-cause-cancer/



2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/14(日) 23:34:53.23 ID:tuyvHR3u
放射線を遮へいする技術は人類にとって喫緊の課題。

13: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/14(日) 23:57:20.37 ID:MXpRvv0i
>>2

水や鉛の壁を隔てれば簡単だよ

宇宙船だと重すぎるので無理だけど
まあムーンベースとかなら簡単じゃないのかな

66: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 20:07:09.13 ID:MC4pRKEb
>>13
食糧庫(水分が豊富)の真ん中にシェルターを配置して
宇宙船搭乗員を放射線から守ろうという構想がある

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/14(日) 23:35:03.51 ID:iUzwMmAS
とりあえず月に宇宙基地作ってみろや

6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/14(日) 23:38:14.05 ID:bV4ge3Fh
鉛シートじゃアカンのか?

7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/14(日) 23:40:22.43 ID:03yVXWl+
飛行機のパイロットなんかはどうなの?(^o^)/

61: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 14:32:34.81 ID:D5ncpk8J
>>7
ガン罹患多いよ

85: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 23:33:56.62 ID:mcwUjiDO
>>61
パイロットはストレスも凄いからな

10: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/14(日) 23:48:39.71 ID:Xd4MB6/A
重力発生装置つけておけよ
回転させるだけやろ?

17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 00:18:09.46 ID:qKqEpEFd
>>10
遠心力=重力はまだ仮説の段階、本当にぐるぐる回すだけで地球と同じ環境になるかは、これからの実験で明らかになってくる。

50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 10:59:45.17 ID:dcZuFnXi
>>10
かなりの筋力トレーニングしても筋肉は弱って
いくんだと。

52: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 11:23:22.47 ID:tat8Bo+p
>>10
回転による疑似重力は半径が小さいと大きい角速度が必要なんだけど
角速度が速いと高速回転する遊園地のコーヒーカップみたいに酔う
快適にするには半径500mが必要だとか(NASA調べ)
ちなみにISSが長いところで見て100m程度

20: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 00:49:43.02 ID:RNdySVAw
宇宙空間に行ってから宇宙船の外郭を水(氷)タンクにしてしまえば殆ど遮蔽できるんじゃないか?

地球からの水の運搬は莫大なコストがかかるのでアレだけど

62: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 19:00:22.35 ID:Z/lF47N6
>>20
船員のおしっこを少しずつ貯めてそれを使おう

24: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 01:17:14.95 ID:/vKf7w2R
宇宙線とか関係なく逆流性食道炎になりそうで嫌だわ

26: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 02:29:17.20 ID:iAZmoQxK
地球から出て何世代もたったら徐々に違う生物になるんだろうな
今の地球の大気組成も重力も磁場によるバリアも太陽との距離も月との距離も人間を含む地球上の生物にとって奇跡のバランスだし

27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 02:39:16.26 ID:m36mL/Zv
長い宇宙旅行って言ったって、我々みんな生まれてから死ぬまでの間ずっと休みなく、太陽の
回りをぐるぐるやる宇宙旅行してるんだぞ。でもガンにならない人も多いじゃねか。

41: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 06:22:35.67 ID:w2iqtNBh
>>27
そりゃ地球号が人知を超えた宇宙船だからな

長期の宇宙旅行は人間を改造するか、人間を使わないのが手っ取り早いと思うぞ

29: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 02:49:25.17 ID:tat8Bo+p
重イオンは危険だが遮蔽しやすいんじゃないかね
まあ防護は大事だな

31: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 03:25:15.97 ID:kCpiYWWL
胃だけじゃなく他の内臓や脳、血管、神経全部障害を受けるだろ。

51: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 11:12:22.43 ID:3FZZK8Zq
人間の耐性あげるより
人間の知能をロボットに載せるほうが手っ取り早いだろうな
生命維持の荷物も人道配慮もいらんし

あとはロボットが体験してきた情報を人間に戻す方法

54: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 12:06:31.53 ID:YKfmSHUI
遠心力の回転式は内部の質量分布が絡むから姿勢制御が難しいと思う

90: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/16(火) 00:16:52.86 ID:GxfpyI76
>>54
そういう問題点あるよな。

95: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/16(火) 01:03:07.81 ID:IJUDUv5o
>>54
多分別のリアクションホイールとか積んで
分布の変化による角運動量を打ち消すだろうけど
大分大型のが必要かも…?

67: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 20:28:10.34 ID:Uy285zIK
旅客機の高度(1万メートル)でさえ、放射線量が地上の数十~100倍らいしいからな
欧米まで往復するのを数回繰り返せば地上1年分の被爆線量になる

ISSなんて言わずもがな
CTスキャンも、胃のバリウム検査も、結構危険だよね

83: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 23:32:02.97 ID:mcwUjiDO
>>67
放射線ったって、やけどと一緒だからな
軽微線量は気温が10度高いってのと同じやで
影響はある
けど、それが何?ってかんじなんやで

96: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/16(火) 01:31:25.31 ID:DD4s7NYr
宇宙放射線を安全なレベルまで遮蔽する技術が確立されるまで
火星に行くとか寝言は言うなボケ

97: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/16(火) 01:50:01.10 ID:m7oYjHvq
宇宙開発必要?
これまでの技術を網羅して
地球上の全世界全人類が安全で健康で文化的な生活が出来るように力合わせたら?

99: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/16(火) 03:06:25.12 ID:G5Beu9kk
>>97
ちょっと大きな岩が落ちてくるだけで
全滅しかねない環境に固執するのもどうかな
地球外での人間の生存領域を増やす必要はあると思う
多くの人がその犠牲(実験とかだけじゃなく、経済的な弱者も含め)になっても
やるべきことだと思う
まあ、宇宙開発をやめても、貧困に苦しむ人は同じ程度出ると思うし

110: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/16(火) 12:30:54.48 ID:IJUDUv5o
まあ月と往復するくらいなら一般的に影響があると言われる被曝量にはならない
ISSに半年とかいると有意に発癌リスクが上がってくるな
不摂生な生活よりマシレベルだったりするけど…
火星往復すると結構な被曝量になるけど煙草吸うよりマシだし
ぶっちゃけみんなその程度の自滅行為自発的にしてるとも言える

113: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/16(火) 18:56:47.62 ID:VCs2PCNR
胃がんだけやないやろ(´・ω・`)
宇宙飛行士は

68: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/10/15(月) 20:32:28.00 ID:oi4x3fOE
生物は水中から陸に上がって大進化した
陸から宇宙へは次の大進化が必要ですね

引用元: ・【宇宙線】長い宇宙旅行は搭乗者の胃を破壊してガンを引き起こすことがNASAが関連する研究で明らかに