img04_1-680x446
1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/09/22(土) 00:28:42.84 ID:CAP_USER9
「70歳前後より若い者は役に立たない」「学問が盛んになり、秘術が信用されない」。

滋賀県甲賀市がこのほど刊行した資料集から、甲賀忍者が江戸時代の平和な世の中で自身の立場の衰退を嘆いたり、将来を不安視する姿が浮き彫りになった。
編集した市教育委員会は「忍者が重んじられない状況への危惧など、ここまで切実な肉声を記した記録は珍しい。
甲賀に限らず、当時の忍者全体に通じる問題ではないか」としている。

尾張藩に仕官した甲賀忍者に関する古文書の訳文や解説を載せた資料集「甲賀者忍術伝書-尾張藩甲賀者関係史料Ⅱ-」で、昨年刊行した資料集の第2弾。 
同藩に伝わる文書を紹介し、市内の民家で発見された文書の現代語訳も併載した。 

尾張藩の史料は、甲賀の地で暮らしながら「忍び」として同藩に仕えた「甲賀五人」の頭(かしら)である初代木村奥之助(1600年代半ば~1723年)が 
弟子に口述して書き取らせた「無窮会所蔵史料 甲賀忍之伝未来記」など7点。全て楷書体に直し、解説を載せた。 

「未来記」には、昔は甲賀の忍術が一つの流派として世間に浸透していたが、現在70歳前後より若い者は役に立たない-などと、 
忍者の技術や立場の衰退を不安視する内容が並ぶ。 

問題点として、 

▽平和な世で業績がなく重宝されない 
▽技術を試みる機会がなく、研鑽(けんさん)する気持ちがない 
▽学問が盛んになり道理が重んじられ、秘術が信用されない 
▽秘密性が高いため間違って伝えられることが多い-など13箇条を挙げている。 

 「内容は甲賀五人に限らず、江戸期の忍び全体に通じる問題だろう。 
忍術の伝授に関する文書は多く残るが、心情にまで想像力が及ぶ史料は貴重」と市教委歴史文化財課は説明する。 

 また、「甲賀五人」を先祖に持つ同市甲南町の渡辺俊経さん宅で見つかった古文書類のうち11点の現代語訳を併せて掲載した。 
尾張藩に「御忍(おしのび)役人」として出仕した契約書である「盟文之事」▽藩役人との忍びの術に関する問答記録 
▽徳川家に対する甲賀武士の軍功を記して奉公を求めた願書-など、「甲賀五人の藩での立場や具体的に何をしていたのかが分かる史料」(同課)という。 

https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180921000031 

甲賀市が刊行した甲賀忍者資料集の第2弾(同市役所) 
no title


スレッドURL: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537543722/




63: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:52:46.93 ID:y2jdOzv10
>>1
小山ゆうの漫画あずみで家康のせいで戦乱が収まってしまい
忍者は生活が苦しくなり、また戦国に戻そうとする勢力が出てきたり
カタギの仕事で食いつないでいるうちに忍びが嫌になって
忍者引退するケースが続出していたのはリアルだったんだな

84: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:58:31.00 ID:UkCplkXF0
>>1
▽平和な世で業績がなく重宝されない
→分かってくれない世の中の方が悪い

▽技術を試みる機会がなく、研鑽(けんさん)する気持ちがない
→やる気になったらすごいけどやる気がでない

▽学問が盛んになり道理が重んじられ、秘術が信用されない
→俺の中の世界では俺最強

▽秘密性が高いため間違って伝えられることが多い
→下の奴がちゃんとしないからこんな事になった。俺の代まではセーフ


全力でアカン子やないか(´・ω・`)

597: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:58:19.86 ID:9Eix6o0I0
>>84
まるで氷河期

194: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:32:20.65 ID:NolUfLFm0
>>1
忍者って司馬遼太郎が考えた造語と思ってた

514: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:02:16.08 ID:eChlRark0
>>194
それはくのいちじゃね?

236: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:44:19.87 ID:PqaeV+zg0
>>1
いつの世も時代の流れがあるからな。
永遠はない。

249: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:50:15.96 ID:SCu+7WL7O
カムイ伝で違和感あんのはさ
抜け忍は許さないと追手の追忍とかさ

いやそんなの人手不足になるだろと

>>1のが説得力あるわ

278: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:02:06.99 ID:UHpfsKBI0
>>1
せちがらいなw

381: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 03:04:55.95 ID:9/pU1EJN0
>>1
あの時代に70まで生きてたんか?

めっちゃ老害ばっかだったんだろうな

961: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 17:09:14.87 ID:dF+z5PYf0
>>381

縄文人の平均寿命30歳説が最近見直されてて、
人骨の調査で65歳以上が全体の3割以上を占めていたことが判ったそうだ

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201011130129.html
平均寿命が30歳前後とされ、「過酷な生活環境のため、早死にする人が多かった」と考えられてきた縄文時代の人たち。
しかし、出土人骨の年齢推定に関する最新の研究で、実は65歳以上とみられる個体が全体の3割以上を占める――という結論がこのほど提示された。

619: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 07:15:31.88 ID:Uslm8xW60
>>1
おもしれえな。
ただ、実際の忍者の生活ぶりをよく知らないんだよなあ。
忍者赤影とかナルトみたいなファンタジーは別として。

3: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:30:30.74 ID:GblCgXBU0
忍者ってマジで存在してたんだな

4: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:30:38.18 ID:yI0SqIa40
「産業スパイ」として生き残れば良かったのにな。

13: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:34:39.65 ID:PqJ6/SeO0
>>4
実際、そうなってたんだろうな。
技術よりも商業情報のスパイとして生き残ったんじゃないの。

275: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:01:41.16 ID:gkQYigQI0
>>13
明治以降は、薬で生き残った。
某有名製薬会社の創業者一族は甲賀忍者の末裔

803: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 11:21:37.25 ID:2DR/g/460
>>275
骨までしゃぶる秘薬だな

813: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 11:39:10.28 ID:opk/GlkS0
>>275
甲賀は製造受託の中小製薬会社も多いね。

350: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:40:53.90 ID:cN26+VEU0
>>346
そういう人物というか家系が、幕末の動乱期に何をやっていたのか興味あるな。

97: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:03:30.00 ID:0fHUgBJ50
>>4
産業スパイより、当時の警官として採用してもらえばよかったと思う
夜目が利くと思うし

360: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:47:42.04 ID:tZZ6cD7J0
>>97
当時の警察官は一部を除いて良くて足軽、下は所謂ところの被差別階級だが

445: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 04:38:26.71 ID:+IlF1DGb0
>>4
瀬戸の職人が有田焼の製法を盗んだ話とかまさに産業スパイだなあ

8: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:32:29.81 ID:FFeRDbHe0
日本には本物の忍者がいると外人騙すためにもこういう忍者は必要

459: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 05:04:44.20 ID:GQ9x0yyxO
>>8
現在確認されている忍びの者は①川上仁一氏②初見良昭氏③故藤田西湖氏の三名。その他の雑多な人たちは単なる忍術研究家に過ぎない。→東北の阿武隈川沿いにおられる「※佐藤氏」は謎の現代まで続く「本物」の説あり。以上。
※本物の忍は世に知られてはならないからだ。

10: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:32:50.84 ID:AnUfWOON0
忍者も平和には勝てなかったでゴザル。ニンニン(´・ω・`)

312: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:16:43.18 ID:nS7YbzJS0
>>10
戦い関連は平和になると不用だからな

799: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 11:18:55.35 ID:N5lBzo0v0
>>10
> 忍者も平和には勝てなかったでゴザル。ニンニン(´・ω・`)

狡兎死して走狗烹らる。
ただ、その問題点が分かっていても自作自演の暴動やテロを起こさなかったのは
やはり日本人的な気質というか美徳なんだろうなぁ、と思うよ。
現代のどこぞの団体や民族どもとは大違いだ。

824: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 11:49:50.34 ID:dXehQ7TM0
>>799
そもそも忍者自身が自力で大名になろうとしなかった段階で
「自分達は弱者である」という認識だったと思うよ

天下統一以前から忍者は独立勢力ではなく、
どこかの大名の手下であり続けたのも
「自分達は弱者だから強者に従おう」という判断があるからだろう

強者であるなら統治者側に回ろうとしたはずだ
(強者であるのに統治の座を求めないという謙虚さは多分ない)

弱者だから強者の統治方針が変更した時も、それに順応することを選択したんだ

871: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 12:47:10.09 ID:lhO7fhRF0
>>824
弱者ってことはないが、忍者は型がない、あっても少ないのが関係しているのでは?
兵法や武術だと型を覚えこませる、おかげで大した技量がなくてもすぐに実戦で登用できる。
忍術だと習得するのに時間がかかりすぎる。

14: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:34:45.59 ID:ZmQPtVqx0
御庭番とか由比正雪とか服部半蔵とかって吉宗より前の本家時代か

16: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:35:14.71 ID:/2nigW/g0
自己責任だろ

534: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:18:12.53 ID:OjYmMAUi0
>>16
世襲なんだけど

19: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:35:54.22 ID:+bpNwFBk0
貼っとく
no title

189: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:30:03.95 ID:W1mRqs+R0
>>19
実在しそうだから困る

193: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:32:15.61 ID:wvHVsKCx0
>>19
これ実際多いのよ
韓国人に限らず勝手に忍者だって名乗る奴がいっぱい居る

266: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:56:15.37 ID:lf7omveP0
>>193
起源とかパクらず、ちゃんと受け継いでるとかなら
出てくるの仕方ないと思うよ。服部名乗ってるし。
文化的な影響力だ。

日本人の中国拳法の達人とか騎士とかGI真似する
奴もいるだろう

527: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:11:54.83 ID:m1/EzsIr0
>>266
問題はそこじゃねーだろ
起源を捏造するから駄目なんだろ何でも

537: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:19:37.57 ID:It5gEW510
>>266
お前「テコンダー朴」がどんな漫画か知ってて書いてんの?

あと、日本人のフランス料理シェフは正統なフランス料理をしっかり学んだ人がその仕事に就く。
自称ではない。

ドイツ人禅僧のネルケ無方がインチキ呼ばわりされないのは、
しっかり禅僧になるための手ほどきを師僧から受けているからだ。

314: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:17:17.02 ID:cjlfaUYy0
>>193
本来は虐げられていた忍者が誇張されてヒーローとして世界中で語り継がれている時点で半分日本の忍者の勝ちだ
一番悲しいのは完全に忘れ去られる事だ

305: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:14:13.96 ID:hjFfQWtb0
>>19
侍の真似事して儲けてる半島系アメリカ人いたw

473: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 05:22:38.76 ID:sng6EfPD0
>>19
アメリカで教えてるやつはチョン系の方が
いろいろ派手だからウケがいいんだってね

21: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:37:58.30 ID:R5nibIC80
結構外様大名の藩のお取り潰しに加担してたんじゃないの?

74: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:54:45.53 ID:rxkOFlA00
>>21
裏柳生だな

335: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:28:09.09 ID:VJhGDKSu0
>>21 徳川用済の清正や秀秋殺したりな

543: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:22:32.85 ID:It5gEW510
>>335
高野山に蟄居になった大名の子弟の多くが夭折しているのは暗殺の類だろう。

513: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:01:33.84 ID:Tndlq9DP0
>>21
幕府に雇われた忍者には公儀隠密の仕事があるが
普通の藩の場合には仕事がないということだろ。

522: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:07:49.83 ID:RYXwu+6Z0
>>513
むしろ隠密を使いこなせるかどうか君主のセンスが大きいんでね
島津が幕末に飼っていたお庭番があの人達だったりするわけだし

531: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 06:16:00.59 ID:Tndlq9DP0
>>522
島津は、他の普通の藩とは違って、江戸時代ずっと最後まで
幕府に対しては戦争モードを維持したからね。
篤姫のころは表向き宥和政策をとるが。

720: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 09:19:58.89 ID:4EIlL5DC0
>>690
>>531といい適当なことばっか言ってるなw
戦闘モード?アホなこと言いなさんな。宝暦治水の時も逆らう意思なんて全く見せずにただただ従うしかなかったし重豪は普通に幕府と仲良し
斉興の時代は従三位欲しさに徹底的に幕府の犬に成り下がり、久光も最後の最後ギリギリまで倒幕なんか考えてなかった。あくまで連合政権構想
そして公儀隠密は時代で変わるんだよ。吉宗の時代は根来・雑賀衆だし幕末は三河の忍筋や各地普代のとにかく仕事の出来る隠密を使ってる

748: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 10:01:40.72 ID:8xf3JoBe0
>>513
毛利は公儀隠密を倒す忍者雇ってたよね

929: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 14:44:04.27 ID:+h7yAaV90
>>21
忠臣蔵の赤穂藩取り潰しのときに、隣の藩が赤穂城に忍者を忍び込ませて偵察したって記録があるぞ
明け渡しに抵抗するかどうか調べるためにさ

24: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:38:27.28 ID:zRd+xNJC0
>1 秘術が信用されない
まあ、自分の立場の弱さを嘆く人物は、いつの世にも居たのだろうが、
ここまでスッキリ明確に表現した文書が残っているのは珍しいかもね。

26: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:39:40.13 ID:8jyoOrkl0
現状を常に客観的に見る視点とそれを記述してどう対応するか考える姿勢は
やはり只者ではない証拠だろう
でも世の中の流れというのは恐ろしいもので

37: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:44:52.28 ID:6IePLUsA0
江戸の忍者屋敷のあった土地から多種多様な獣の骨が出てきた話から表向きは肉食禁止の時代に忍者はかなり肉食系だったと推測される

420: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 03:43:17.87 ID:LvQ5pZhb0
>>37
まあじゃないと体が持たんよな

40: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:46:02.83 ID:KFIwtNQP0
世界には現代では再現不能な技術は多数ある
継承されず失われた秘術があったとしても何の不思議もない

41: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:46:17.33 ID:D1KFk8ZX0
秘術ってなんだ?
分身の術的な?

114: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:06:47.66 ID:J4ZHG+yo0
>>41
>秘術ってなんだ?

オーガニックな毒ガスとか、
経絡秘孔のモデルとかじゃね?

315: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:17:19.02 ID:hjFfQWtb0
>>114
それだ!冗談抜きで。
ロストテクノロジー・・・

896: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 13:32:44.06 ID:td0CVuAu0
>>114
音を立てないで歩く術とか、全てに通じる基本的なことでは?
実戦では重要だけど、平時では派手なパフォーマンスばかりが注目され、日頃の鍛練が必要なしんどいことは忘れられ廃れていく。

42: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:46:37.03 ID:GblCgXBU0
なんか凄いな
これが書かれたのがアメリカ独立の半世紀前あたりか
そりゃアメ公が忍者に憧れて幻想持つはずだわ

62: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:52:20.05 ID:qfnfocSE0
>>42
そう書かれるとこの国ってスゲぇ国だな
ファンタジーかよ

50: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:49:42.35 ID:y0GB7AgU0
浮気の調査ぐらいは出来ただろ

645: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 07:49:41.26 ID:aT8Aoy1b0
>>50
探偵の仕事って、明智小五郎かコナンみたいなのか?
と思っていたら、
実際の仕事は、浮気調査がほとんどだそうだ。

53: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:49:55.20 ID:Fg2tE3Xh0
風魔コタローなんて北条氏が滅びたら盗賊に成り下がったしな

54: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:50:07.78 ID:Mz5nKs+s0
るろうに剣心でも描かれてたな。

58: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:50:35.48 ID:0D62/N4I0
まあ治世になれば、武士の公務員化。

59: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:50:55.28 ID:PfzlNxzF0
秘術って村人の前で大きな牛を丸飲みしたように見せるアレか?
催眠術らしいが

67: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:53:24.51 ID:JcTs/e7L0
>秘密性が高いため間違って伝えられることが多い

忍者自身もこの問題を認識していたんだなw
まぁ、何から何までしっかり伝承されていたら、かえって世の中から忘れられていたかもな
想像の余地を残してミステリアスな存在となったからこそ、現代まで、それも世界中に「ニンジャ」の名が知られることになったんだから、結果オーライよ

88: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:59:42.03 ID:bJYFqT+s0
忍者は世界中で大人気だぞ

91: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:01:07.25 ID:tAVpbIVA0
サンデーの忍者漫画、今週号で完結したけどあの爺さん、
幕末に本当に実在して、本当に黒船に潜入成功してるんだぞ。
ただ持って帰ってきた書類を英語の分かる人間に見せたら
「あの港の女は具合が良い」とかいう船員の猥談メモだったというオチw。

でも本当に黒船に忍び込んで生きて帰ってきてるのは事実なので、
満更忍術も捨てたもんじゃないんだろうな。

287: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:05:29.03 ID:64YwPLD80
>>91 
一方ペリーは黒船に通訳を載せてきた
後の岩倉具視だ

92: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:01:33.36 ID:0+bieM4w0
江戸が始まって半世紀たってから生まれた人だから
昔は~だったのたぐいでしょうな

110: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:06:11.00 ID:4nXGZ3UK0
>>92

『葉隠』みたいなもんすかね

155: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:19:04.37 ID:0+bieM4w0
>>110
たぶん懐古主義的なものだね

166: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:22:56.09 ID:D6+NH7zl0
>>155
懐古主義ではなく事実だろうて
徳川の世になってから忍になったものは使えないという嘆き

281: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 02:03:09.89 ID:LlyJsew00
>>92
実際に会った事がある実戦経験のある忍者が70歳以上だったんだろう

94: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:02:56.34 ID:R7yPqSzF0
業態の見直しをしなかったツケだ

99: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:03:47.42 ID:KIwH4mVj0
甲賀と伊賀だと甲賀の方が重用されたんでしょ。

重用された方でもこんな状況だったのか?

100: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:03:57.51 ID:nRn93EFS0
>▽学問が盛んになり道理が重んじられ、秘術が信用されない
>▽秘密性が高いため間違って伝えられることが多い

忍術が科学になれなかった理由だが
実は錬金術が数百年科学になれなかった理由でもある

108: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:06:03.09 ID:UBpSYknA0
>>100
初期の科学者って錬金術士だろ? 結局、金は創れなかったけどいろいろ生み出してる訳で

224: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:40:27.74 ID:F8eGzLWn0
>>100
当時の道理って科学ではなく
朱子学だろ。

105: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:05:29.44 ID:mG9Nq6sh0
意外と長生きなんだな

107: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:05:58.30 ID:3nwEsytt0
wiki見たら
土遁の術→土を相手に投げつけ、そのスキに逃げる
金遁の術→銭をばら撒いてそのスキに逃げる
らしい

125: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:10:16.90 ID:01c9JeO30
>>107
土遁は土掴もうとしたら固い土で突き指しそうだし
金遁は財布の紐が意外ときつく縛ってて取り出す間にやられてそう

157: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:19:57.07 ID:Cwqx5K4S0
>>107
金遁の術は昼間の街中で追われてる時とかに使うのかな?

109: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:06:08.49 ID:H9XjOT450
その辺の百姓でも人を殺してた時代と
武士でも人を殺したことが無い時代だと
隔世だろな

111: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:06:20.34 ID:ce4XC51a0
愚行とされてる秀吉の朝鮮出兵は
合理性があったんだな。
戦争が激減してこういう雇用をどうするんだと。

115: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:06:54.42 ID:eDjYf4tU0
どう考えても平和な時代の方が需要は多いはずだが
商人から受注することは頭になかったんだろうな

117: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:07:09.07 ID:wvHVsKCx0
口伝はやっぱアカンか

129: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:11:19.79 ID:/kiGNsDn0
>>117
実践できる環境なら技術を口で伝えてトライ&エラーも出来るんだろうけどね
口で言われてもそれを試せなきゃ伝わらないんだろうな

120: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:07:44.60 ID:W67t5aVa0
でも幕末に忍者の末裔が黒船に潜入して成果無しでもあったからな
江戸からはもう不要な技術になったんだろうな

130: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:11:37.75 ID:4nXGZ3UK0
>>120

黒船は失敗だけど、

箱館戦争は破壊工作って結構あったんだよね。
榎本軍の砲台の大砲がぶっ壊されたりとか。

122: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:08:52.46 ID:nPNHgEe00
そーいや幕末の動乱期に活動した密偵で、伊賀・甲賀の流れをくむ人って知らないな。
どこの藩士も剣豪ではあっても忍者じゃ無かったよな。
 
まー知られてしまった時点で忍者としては失格なんだがな(笑)

135: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:13:36.75 ID:tAVpbIVA0
>>122
桑名藩主の鉄砲玉に当代の服部半蔵の従兄弟がいて藩主を止めに来た家老一行
を皆殺しにしてるな。
その後、会津で抗戦して、最後は函館で土方が最後に編成した新撰組に入ってる。
だけど、何故か戦後許されてアメリカ留学して、今の一橋の前身で助教授になったり。

132: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:12:38.31 ID:D1KFk8ZX0
水蜘蛛も足につけるのかと言われてたのがただの浮き輪だったらしいな

160: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:20:14.27 ID:+0ymeyHJ0
>>132
お堀を泳いで忍び込むのに立って移動したら安定しないし目立つし良いことないわな
服や手ぬぐい、武装を浮き輪に載せてスーッって静かに泳いだ方が実用的
上陸したら体拭いて服着てさ

142: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:14:30.19 ID:KuNy+PP50
尾張藩は新陰流を召し抱えていたしいろいろと怪しい

147: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:16:19.89 ID:BxqVlJTr0
>>142
柳生ね。柳生は大変だったんだよ(´・ω・`)

145: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:15:40.12 ID:JcTs/e7L0
忍者や武芸者が大活躍する世界って、どう考えても一般庶民にとっては辛く苦しい世界でしかないよな

146: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:15:51.45 ID:b2BeS3AJ0
内閣府情報調査室と公安調査庁には忍者の末裔が所属しているとかいないとか

207: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:34:40.58 ID:Tw0k1Uj70
>>146
本来、スパイ組織や秘密警察は、
その存在すら知られてはマズい訳だから、
真相を確かめる術も無いよな。
ゲシュタポの様な、存在を明らかにしていた例もあるが、
日本にも一応組織があって、国民が知らない内に
解決していて欲しいわ。

150: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:16:34.31 ID:+EdrNaQ/0
戦がなければ忍者は存在できない組織だったんだな

162: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:20:41.93 ID:0vXpJw/r0
>>150
傭兵業だし

183: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:28:02.78 ID:nc//+oKX0
日本は1700年代がいちばんまったりしてて良いよな

222: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:39:47.38 ID:T923C8MY0
>>183
要するに時代劇の舞台によくなる成熟した江戸時代だよね。
歌舞伎とか瓦版とか町奉行とかのそれ。

205: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:34:23.42 ID:cjlfaUYy0
お前ら急いで翻訳して海外にこの記事を広めてくれ!
これは絶対海外の忍者ファンも喜ぶはず

206: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:34:35.42 ID:mHyqYblx0
江戸時代で400年平和だったのによく西南戦争とか幕末ドドンパチできたな
今から戦争になっても俺はなかなか人殺したりできんとおもうw

831: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 12:02:07.72 ID:XYZ+Y0vD0
>>206
日帝の戦争も同じだよ
初めから人を殺せる人たちが戦争したわけではないよ

216: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:37:56.63 ID:sMqmyCv40
実際は、暗殺者集団だもんな。
本当に人殺しをしていた頃は、精神
の安定を保つためにも、邪気を払う
とか、魔を払う秘術は活用していた
んだろう。

けど、平和な世になると単に武道に
近いものに変化していったんだろうな。

219: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:39:23.84 ID:FhvuBK1w0
幕末の動乱期とかの活躍ぜんぜん聞かないもんな
薩長なんて忍者に暗殺させれば良かったのに

231: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:42:14.48 ID:sMqmyCv40
>>219
西郷は島津斉彬の「お庭番」だったからな。
最初は忍者みたいな各藩の動向を探る役目
だったんだろ。

248: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:50:15.05 ID:T923C8MY0
>>219
幕末の戦闘って戦国時代以来の旧来の家臣編成が機能してなくて
奇兵隊などの非正規の有志による少数精鋭の戦闘部隊の活躍がやたら目立つんだよな。

227: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:41:16.42 ID:LmDVXgmf0
俸禄を打ち切られた忍者は弱体化して幕末にはただの末裔になってる 
当時からすでに観光忍者だろうな

233: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:42:36.20 ID:g0I4Ea8r0
>>227
幕末どころか島原の乱でも忍び込んだはいいが現地の九州方言を理解できないから
情報も得られないとかやらかしてまともに活躍できてないよ

235: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:43:52.42 ID:LmDVXgmf0
>>233
早期退職者を募ったらやっぱり居てほしい優秀な忍者から除隊しちゃうんだね

241: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:45:45.36 ID:tAVpbIVA0
>>233
そう考えると薩摩藩に忍び込んで最後までバレなかった間宮林蔵、最強だな。

243: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:48:04.10 ID:FhvuBK1w0
>>241
あの人隠密もやってたんだ

258: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 01:53:17.10 ID:tAVpbIVA0
>>243
てか、隠密が本業で、間宮海峡発見だってロシアの偵察目的だし。
幕府も終盤になってもちゃんと一応は隠密組織持ってたってことだね。

432: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 04:13:14.23 ID:fO1g224n0
>>258
隠密として史上最高の業績を挙げたのは間違いなく間宮林蔵
間宮海峡発見はもちろんアムール川河口まで行ったってのも凄いが、証拠もないしシーボルトと直接会ってないと思われてたのに実は会ってましたと最近わかったのもさすがとしか言いようがない

987: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 18:13:33.16 ID:wds7CTE00
江戸時代なんて全然平和じゃないけどな
戦争が無かっただけで平穏無事に生きられる時代では決してなかった
平和なら火事と喧嘩が江戸の華なんて言われるわけがない

988: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 18:15:19.88 ID:At5xcAFR0
甲賀の忍者屋敷は楽しかったな
手裏剣投げを教えるおじさんのテンション高すぎでわらけたw
マジにもう一度温泉泊まって行きたい♪

990: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 18:33:19.69 ID:NTPO5vxL0
昔トリビアの泉で、部下にムチャクチャした服部半蔵がストを起こされてクビになった話は、
面白かったな。

996: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 19:05:35.35 ID:ahByUs2w0
忍者の秘術は後世のフィクションだと思っていた

31: 名無しさん@1周年 2018/09/22(土) 00:41:54.82 ID:RLasCZuDO
忍者も、練習中に水飲むと先輩に怒られたりとかしたんだろうか?