1: すらいむ ★ 2018/08/27(月) 09:48:46.72 ID:CAP_USER9
理系高校生、大学と一貫教育
科学界担う卵、優先育成

 文部科学省が、理数系科目の得意な高校生を地域の中核的な大学に積極的に受け入れる入学枠を設けるなど、高校と大学で一貫した専門的な教育を行う新制度を始める方針を決めたことが27日、分かった。
 研究費不足などで「科学技術立国」の地盤沈下が指摘される中、日本の科学界を担う研究者の卵を育成することを目指す。

 初年度は全国から参加校を募り、モデルケース1カ所を選ぶことを想定。
 その後は大都市圏に偏らないよう配慮しながら、数年かけて数カ所に拡大する方針。
 関連予算を2019年度概算要求に盛り込む。

 将来は優秀な生徒が高校卒業前に大学に入る「飛び入学」につながる可能性もある。

共同通信 2018/8/27 09:30
https://this.kiji.is/406605360767140961

スレッドURL: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535330926/

24: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:58:15.76 ID:gbIIpBeH0
>>1
科学者の賃金上げろ。修士、博士をプレミア化して補助金出せ。

その方がよほど効率的で効果ある。

41: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:01:07.29 ID:tq21DeRJ0
>>1

国立大学を法人化し、補助金を削りまくってる現状は無視か?

68: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:08:09.26 ID:rP+BVF8b0
>>1
どんどん変えてくれ
日本は天才をつぶす教育システムしかない
今まで何人の天才児がつぶされてきたか
日教組が反日なのはバレてんだからすぐに廃止しろ
そして今の低いレベルの児童に合わせるシステムの1秒でも早い改革を求めます

71: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:09:07.63 ID:X4GRktxr0
>>68
お前みたいなアホが出来上がるから日本の教育も失敗だとよくわかるわ

76: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:10:04.25 ID:rP+BVF8b0
>>71
オマエ学校の成績悪かったろ

84: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:11:59.58 ID:X4GRktxr0
>>76
学年1位で卒業してますが笑
未だに日教組が~とか言ってるアホがいるのに驚きなんだがいい加減ネトウヨ糞情報から目覚ませよニート君

89: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:13:25.39 ID:+lUfNpw40
>>84
日教組はほとんどいないわな。単に教員採用がゴールになってサラリーマン化してるだけで

78: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:10:22.35 ID:fjuOCc270
>>68
下のレベルに合わせる教育は最悪だね。
トップクラスの子に合わせた教育をすべき。
頭のよくない子は、肉体労働とか、技能を生かせる分野はたくさんあるから。

87: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:12:58.04 ID:rP+BVF8b0
>>78
その通り
授業よりはるか先を進んでる子供は
授業中ぼ~っと時間をつぶすしかないのが現状
もったいな過ぎる

駆けっこでも遅い子供に合わせてみんなで手を繋いでゴールなんてアホかっ

105: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:17:59.71 ID:QXAyFKr10
>>87
詰め込み型教育で先を行くって 誰でも可能だぞ

85: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:12:23.30 ID:+lUfNpw40
>>68
もういま日教組にはいってる教員ってほとんどおらんぞ
教育批判はわかるけど現実に合った知識で批判しないと相手に届かんぞ

100: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:16:11.16 ID:rP+BVF8b0
>>85
教員の加入数が日教組の影響はいまだ大きい
とくに野党と共にあると言っても良いだろ

112: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:19:35.96 ID:+lUfNpw40
>>100
古臭いってw
知り合い一人もおらんのか
あと加入から離脱までのプロセスや、なんで一旦加入する流れがあるかとかもしらんやろ
アカとか日教組といまの教員一緒にしてもしゃーないぞ
人によっては教育委員会もアカあつかいしてるが、十数年前でもヨメが日教組入ってるだけでも昇任の妨げだぞ

134: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:23:29.36 ID:rP+BVF8b0
>>112
ヨメが日教組だったのか
マジで?
昇任遅かったのか?

146: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:25:59.10 ID:+lUfNpw40
>>134
俺じゃないよ
わかるだろうけど、出世めざすときにがつく校長派閥内で、「妨げになるかもよ」ってオブラートなアドバイスがあってやめてた
色々と不安要素切る上では必須部分やろ
その人は文科省の選抜みたいなのにも選ばれてたし試験受かって椅子待ちじだったからそりゃなってる

151: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:27:12.63 ID:+lUfNpw40
>>146
訂正。
文科省じゃなくて文部省か当時

4: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:51:22.23 ID:2n3+ewoh0
あーあ
まーた出口を変えずに入り口だけ変える政策だ
飛び級、法科大学院、会計大学院
全部無意味で元通りになってるのに

75: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:09:45.35 ID:ftH6aKCW0
>>4
無意味どころか法科大学院に関しては税金無駄にじゃぶじゃぶ使っただけでなく
資格取得できたけど就職できないヤツとか、法科の学生の人生も金もダメにして後退しとるがな

80: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:11:31.84 ID:+lUfNpw40
>>75
ローなんて法曹過疎地域へとか言ってたけど、実際は大手企業がバッジ持った法務を雇いたいだけだったからな。
あと通ったやつもせっかく通ったらな4大弁護士や都市部で就職したいから食い合って共倒れ

しかも旧司法試験組と比べても質も落ちた

5: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:51:32.17 ID:oKCR3OM10
なお、日本で研究者をやっても企業が儲かるだけで
奴隷になるだけです

だから、アメリカで研究者になった方がいい

6: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:52:29.64 ID:WqAkkSut0
科学エリートを本気で養成するなら、質の高い人文科学
(哲学、歴史学、倫理学、宗教学など)の教育をセットで。

16: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:55:35.84 ID:yppNw1M40
>>6
哲学はたわごとにすぎんよ
学問とはとても言えない

18: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:56:11.19 ID:X4GRktxr0
>>16
これまじで言ってるなら中卒だろ

25: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:58:16.87 ID:V3SvrK620
>>16
マジで言ってるなら中卒

137: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:23:51.35 ID:c8PC5ru70
>>16
哲学ってどんな感じをイメージしてる?
科学と哲学は基本同じだよ

149: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:26:47.25 ID:DdgC/L5D0
>>137
哲学って基礎数学だっけ?

168: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:31:13.67 ID:X8pTTX4f0
>>149
学問を学問する科目
知とはなんぞやに始まる

195: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:38:00.42 ID:Ur8F94dh0
>>6
同感
本気で科学=世界共通のルールを発見しようとするなら
人間の間でもそれがあることを見つけなければいけない

また不道徳なエリートを許してはいけないので倫理・宗教も学ばないといけないと思う

>>16
ふー自然科学が昔は「自然哲学」と呼ばれて
昔は「哲学の一ジャンル」に過ぎなかったことも知らないらしい

>>32
たしかに日本の文系がほめられたものではないのは同感だが
だからといって日本の理系は何か生み出しているのか?
欧米の成果に便乗しているだけの寄生虫になっていないのか?

9: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:53:40.77 ID:9rgJfqfG0
飛び級とか効果あったのか?
真面目に検証しろよ。

10: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:53:59.61 ID:JDtYAyIc0
裏口入学、論文撤回世界に先駆けた教育方針でか?

12: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:54:25.06 ID:YcdEEm5V0
大学の裏口はやりにくくなった
だったら先回りして高校へ
だったりして

13: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:54:53.11 ID:zeziuUsb0
アメリカへの留学費用全負担で教育受けさせた方が効率的だろうね

163: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:29:38.68 ID:NLNpbQI90
>>13
アメリカの基礎学問はゴミカスレベルだが
有るのは応用だけ

諸外国を真似るから日本は落ちぶれる
日本が従来から行ってきた学問は間違っていなかった
30年前に戻せ
ゆとりの前だ

19: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:56:21.71 ID:2Tc6aFxP0
修士博士一貫教育でさえ学部時代には決断しにくいって声あるのに高校大学一貫とか中学時代にそこまで決断できるのかな?

21: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 09:57:35.82 ID:tCC1RouP0
普通に飛び級はありでいいだろ

93: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:14:22.55 ID:bU0jVMI/0
>>21
理系に限らず、飛び級をさせた方が良い。
今の学校制度では gifted という子供が苦しむだけ。
余程、家庭に恵まれた子なら良いけど・・・
隔世遺伝で IQ とか芸術的才能の突出した子がいるから。

千葉大の学生さんが何故トラックの運転手になったか知らないが
たった一例で結論を出すのは早計。

103: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:17:37.78 ID:+lUfNpw40
>>93
飛び級するやつはいまでも飛び級してるから。高校より先は。
飛び級させるレベルの天才ってほんとちがうからな

なんか地域の進学校の秀才レベルで勘違いして乗せてもいかんと思うよ
ほんと飛び級するやつは大学中退で院いってまた飛び級する。だから履歴書も大学中退で院は卒業になる

113: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:19:43.49 ID:fjuOCc270
>>93
天才を伸ばすのに飛び級は必要ないよ。
そういう主張をするのは、学校教育という制度にこだわりすぎ。
天才や芸術家は、学校とは別の専門家に師事すればいい。
国の教育制度ではいかなることをやっても、天才は育たないよ。
できるのは、どんぐりの背競べの秀才(もどき)だけ。
そういう連中が、今の日本の大企業や官庁にいるわけだから、
何もできないさ、そいつらには。

171: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:31:40.80 ID:bU0jVMI/0
>>113
> 天才や芸術家は、学校とは別の専門家に師事すればいい。

例えば、ピアニストの奥井紫麻(おくい・しお)ちゃん?
彼女の母親は 5 ~ 20 代までピアノを習い、上手だったが、天才なんてものではなかった。
でも、日本の音楽界の事情を知っていたから、娘をロシアに留学させている。

学術だって、そういう専門家と知り合う術のない子供だっている。
学校で時間を無駄にし、東大に入ってから苦々しい思いを噛み締める人は少なくないと思う。
天才まで行かないダントツ秀才クラスの子供もこの学校制度で苦しむと思う。

38: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:00:38.02 ID:PkO4blE00
エリート教育を受けて卒業した後は、任期制で数年おきにたらい回し、不安定な身分の中給料も安い年俸制。当然結婚も難しいでしょう。それで科学界をどう担うと?

44: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:01:35.96 ID:K+oyHv1C0
全体的な予算を削られてるのに食えない理系の研究者なんか誰が成るんだよ。
仮に成ったとしても日本の民間企業もドケチばっかりだから全部外国に持ってい行かれるだけ。

46: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:02:04.44 ID:X8pTTX4f0
学問をわからないバカの政策
文科省がこれでは話にならない
奴隷がいても仕事がなかったらただの穀潰しだぞ
こういえばわかるのか?土人め

54: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:04:04.90 ID:+lUfNpw40
大事なこと学ばなさそうw

というか立派な科学者にするというよりは資本家の奴隷計算機つくるんだろ?頭のいい理系の子がかわいそうじゃね?

59: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:06:32.16 ID:gNl4WCCm0
千葉大に最初に飛び級入学したやつも、結局、トラックの運ちゃんだからなぁ

73: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:09:23.34 ID:+lUfNpw40
>>59
知り合いの飛び級博士もリーマンで外資に切られて電気屋のバイトだったな
結局はある程度いい大学で学歴付けて、数段落とした会社に新卒きっぷで無双して就職して家庭作ってるやつが一番幸せなんだよな

だから希望も持てないのに政治家も行政も勘違いしてる

82: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:11:54.71 ID:HcR6QL6U0
つーか海外の論文まともに読めないのは致命的だと気付くべき
言語は思考のベースでもあるから物事の解釈も微妙に変わってくる
動詞が最後の日本語は物事の認知順序として不適切
木を見て森見ずになる

83: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:11:56.99 ID:J9QXwrn/0
こういうの本気でやりたいなら数オリ常連の
灘筑駒開成と東大京大でやるべきだが
またしょうもない地方公立校が指定されて
大学は下手したら私立大が選ばれるんだろ

91: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:14:02.56 ID:fjuOCc270
>>83
地方のつぶれかけてる私大に金を回すのが目的だろうね。
ほんと文科省は仕事しなくていい。
じっとしてろ。今いる職員が定年までなんとか食えていけば十分だろう。

86: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:12:29.39 ID:NR3shQJ40
掲載された論文の数でなくてAクラスの論文に引用された数で
比較すべき 研究費のためのゴミ論文はいらない

90: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:13:57.33 ID:L3PVWHRH0
理系に日本史だの古文だの勉強させなくて良いだろ。高1で微積分と力学終わらせちゃえ。

117: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:20:16.08 ID:L3PVWHRH0
>>99
幅広い知的好奇心の話じゃなく、突出した才能を伸ばす時期の話。
数学や理科の才能は将棋・囲碁や芸術的才能と同様、若い時期に伸ばさないと無理。
東大合格程度の話してんじゃないぞ。

127: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:22:31.63 ID:BM1+/5lA0
>>117
凡人が「天才を育てる方法」を力説しても説得力ゼロwww

129: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:22:38.66 ID:+lUfNpw40
>>117
そりゃ当然だが、それは何でも同じだけど結局するしないは環境より本人やろ
のめりこませたほうがいい時期はあるけど、実際そういう時期でも呆れるような天才は気になったらリフティング1000回とか競馬ブックデータ化とかいろいろやてたからな

あなたがいうのは得意分野がある秀才に時間やるって話やろ

101: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:16:32.68 ID:RnZTz8gT0
大学は金がかかる
アホ大学とか存在意味もない

111: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:18:39.40 ID:YzrJRU3Z0
小中の飛び級はどんどんやった方がいい
体育の授業は実年齢でクラス分けで

118: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:20:19.24 ID:8Fcf0G0G0
そうじゃなくて、奴隷待遇だから優秀な人材が集まらないってことなんだけど?

130: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:22:50.74 ID:dXaK3Agc0
>>118
日本で研究職を目指すのはワープアへの道だもんな
そこを改善しない限り無理だね

121: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:21:11.96 ID:A0BJ/zno0
「理数系が得意」だけで選別してきたから今の状態になったのに全然理解できてないんだな
研究職にはユニークな発想力と病的に努力が続けられる根性の方が大事だよ

122: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:21:13.31 ID:gNl4WCCm0
っていうか、頭がいいって、組織に適応できないから意味ねーんだわ
もっと底上げを図ったほうがいいよ
頭がいいやつが何とかしてくれるみたいな妄想はやめたほうがいい

144: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:25:42.02 ID:dXaK3Agc0
まず日本は私立大学乱立しすぎ
そのため異常に高い学費

そこを改善しないと優秀な人材が研究できない

147: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 10:26:31.35 ID:pDU5Ed4s0
高校と大学で理科学の授業内容レベルが格段に違うからなあ
むしろ高校の時は理科学を中心にしてそこから文系に落ちていくって感じでええと思うよ