科学ちゃんねる

科学を中心としたまとめです。

人気記事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    animalface_ookami
    1: しじみ ★ 2018/07/19(木) 16:12:59.88 ID:CAP_USER
    ■最新研究で、放射線が原因の遺伝的変異が外部に広がる可能性が指摘されている

    原子力事故が起きたウクライナ北部、チェルノブイリ原子力発電所。事故が起きた1986年、
    一帯は放射能汚染が広がり、人は住めなくなった。しかし、野生動物にとってチェルノブイリは、
    今も昔も自由に移動できる場所のままだ。

     チェルノブイリの立入禁止区域内には、ハイイロオオカミなどの大型動物が数多くいることが複数の研究でわかっている。
    汚染区域は米国のロードアイランド州と同じくらいの面積(日本で言えば滋賀県ほど)で、人間の居住は認められていない。

     しかし、野生動物も放射線による体への影響から無縁ではいられない。ただ、この分野の研究は盛んで、ときに議論を呼ぶ。
    放射線がどの種に影響を与え遺伝的変異を引き起こしているのか、
    放射線による遺伝的変異が立入禁止区域外にも影響が広がるのかについて、わかっていないことが多いからだ。

    ■区域外を400km歩き回るオオカミ

     最近、放射線を測定できる首輪を使って13匹のオオカミの追跡調査が行われた。
    汚染区域を歩き回る分だけ、オオカミは放射線にさらされていることがわかったが、これは想定した通りの結果だ。
    注目すべきは、次の点だ。首輪をつけた1匹の若いオスは、まず東に向かってベラルーシに入り、その後ウクライナに戻り、
    やがてロシアに入っていたのだ。汚染区域から出て400キロメートルほど歩き回ったことになる。
    これらの観測結果は、学術誌「European Journal of Wildlife Research」に掲載された。

     この調査を率いた米ジョージア大学の野生生態学者、ジム・ビーズリー氏によると、
    オオカミがチェルノブイリの立入禁止区域を出て長い距離を移動することが実際に確認されたのは、これが初めてだという。

     若いオスのオオカミは、メスを探して長い距離を動き回ることが知られるため、
    400キロメートル歩いたこと自体は驚くことではない。
    だが、このことはチェルノブイリ一帯に多くのオオカミがすみ着いていることを改めて示した、とビーズリー氏は言うのだ。

     この研究の筆頭著者で、米ミズーリ大学で動物の移動や生態について研究しているマイケル・バーン氏は、
    「チェルノブイリの立入禁止区域に、たくさんのオオカミがいることは既にわかっています」と述べる。
    「どんな動物でも、個体数があるレベルに達すると、それ以上の個体が同じ場所で生活するのは難しくなります。
    若い動物が外に出ていくというのは、このことを示しているのです」

     バーン氏は「若いオオカミにとっては、
    ようやく仕事を探しに外の世界に出る時が来たということでしょう」と冗談めかして言う。

    続きはソースで

    ■チェルノブイリで暮らすハイイロオオカミのうち、どの程度が放射線の影響を受けているかははっきりしない。
    一方で個体数は増加し汚染地域から離れるオオカミもいる。
    https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/071800315/ph_thumb.jpg

    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/071800315/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    chakuriku_airplane
    1: しじみ ★ 2018/07/01(日) 11:49:10.38 ID:CAP_USER
    米ボーイングが、音速の5倍(マッハ5)を超える「極超(ごくちょう)音速」で飛ぶ旅客機の構想を今週、米
    国の学会で発表した。実用化すれば日米を2~3時間で結ぶようになるかもしれない。

     実現の道筋はついていないが、開発担当者は「20~30年後に飛んでいるかもしれない」。
    7月に英国で開かれる世界最大級の航空ショー「ファンボロー航空ショー」でも構想内容を説明するとみられる。

     極超音速のエンジンを研究する宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、一般的な旅客機はマッハ1を下回る。
    極超音速機は、単純計算で日米を2~3時間で飛ぶ速さという。
    航空業界ではかつて、マッハ2を誇った超音速旅客機「コンコルド」が実用化されたが、
    騒音や燃費の悪さ、料金の高さがネックとなり、約30年で飛行を終えた。極超音速機はコンコルドの2・5倍超の速さとなる。

    ■ボーイングが構想しているマッハ5超の旅客機
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180629003835_commL.jpg

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL6X40XQL6XOIPE016.html

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kaseki_kyoryu2
    1: しじみ ★ 2018/07/29(日) 13:18:18.55 ID:CAP_USER
    福島市土湯温泉町で発見され、筑波大の収蔵庫で60年以上保管されていた正体不明の化石が、2300万~1000万年前の北太平洋の沿岸地域に生息していた大型哺乳類「パレオパラドキシア」の化石だったことが分かった。パレオパラドキシアが生息していた当時、東北の大部分は海だった。同大や国立科学博物館地学研究部、本県の県立博物館などの研究グループが27日までに発表した。化石は県立博物館で29日~9月2日に展示される。

     研究グループによると、化石は右後ろの大腿(だいたい)骨で長さ約30センチ。筋肉の付着面が分かるなど状態は良いという。骨から推定される体長は約3メートルで、付着物から1600万年前よりも新しいと判明。パレオパラドキシアは絶滅した上、近縁の動物が現存しないため生態など謎が多い。名前も「謎めいた古生物」との意味で、標本も少ないとしている。

     収蔵庫の調査で木箱に入った未登録の化石が見つかった。土湯温泉町産出のメモがあり、調べてみると同温泉近くの砂防ダムの工事現場から発見された経緯が判明。1950年代に同大の前身・東京教育大に持ち込まれた後、別の海生ほ乳類と鑑定され、忘れ去られていた。関連する化石や資料は54年に同温泉で起こった大火で失われた。

     共同研究者で県立博物館学芸課の猪瀬弘瑛副主任学芸員(34)は「化石の状態が良いので、筋肉の付き方を調べることで動き方など解明する手掛かりになる」と意義を強調した。パレオパラドキシアの化石は84年に伊達市梁川町でも見つかっているが、今回のように状態が良い化石は国内2例目という。

     「観光資源に活用」

     化石の正体判明を受けて、地元の土湯温泉観光協会は地域活性化に生かす考えだ。すでに「パレオパラドキシア」をモデルにしたご当地キャラ(名称未定)を作成しており歴史や砂防ダムを紹介していく。

     企画段階だが、化石が産出した砂防ダム周辺での化石発掘体験の実施や、化石にちなんだダムカレーなどの新メニューを提供する予定。同協会の池田和也事務局長は「化石を観光資源に活用し、町おこしにつなげる」と期待を込めた。

    http://www.minyu-net.com/news/180728news9.jpg

    福島民友新聞社 みんゆうNet
    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180728-292915.php

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    juice_coke
    1: 名無し 2018/07/16(月)21:17:51 ID:qU3
    コーラ味炭酸水やろが

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ai_kenka
    1: しじみ ★ 2018/07/07(土) 13:03:11.22 ID:CAP_USER
    Googleと同じAlphabetを母体に持ち、世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発した
    人工知能(AI)開発企業・DeepMindが、ファーストパーソン・シューティング・ゲーム(FPS)で
    人間を超えた勝率をたたき出すAI「For the Win(FTW)」を開発しました。ただ敵を倒すだけではなく、
    人間のチームメイトとも協力して有利にゲームをプレイすることができるとのことです。

    Capture the Flag: the emergence of complex cooperative agents | DeepMind
    https://deepmind.com/blog/capture-the-flag/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan_character5_kinki2_shiga
    1: しじみ ★ 2018/07/25(水) 11:43:30.80 ID:CAP_USER
    滋賀には琵琶湖があるから、隣の京都ほど暑くない-。こうした湖国のイメージを覆すようなデータが、今夏の酷暑で明らかになっている。今月には東近江市で全国5位の高温を観測した日があり、大津市では23日に10日間連続猛暑日の史上最多タイを記録した。彦根地方気象台は「滋賀も相当暑く、特に夜は熱中症の危険が高い」とする。理由として、日本一の湖の存在が影響しているという。

     彦根地方気象台によると、15日に東近江市で観測した38・5度は、全国5位の高さだった。23日の最高気温は大津市で36・8度、彦根市で36・1度。大津市は1994年、2013年以来、10日連続で最高気温35度以上の猛暑日となった。

     「琵琶湖は自然の空調設備だ」。滋賀県は大量の水をたたえた琵琶湖のおかげで、気温が上がりにくいとのイメージを持つ人は多い。だが、湖国の7月の平均最高気温は、大津市30・5度、東近江市30・2度で、京都市の31・5度に及ばないものの、臨海部の神戸市や津市の30度より高い。彦根地方気象台に聞くと、「湖岸では琵琶湖の影響が多少あるが、そもそも真夏は湖水温が30度前後と高く、冷却効果はあまり期待できない」という。

     逆に沿岸部は夜、下がりにくい湖水温の影響を受ける。最低気温が25度以上の熱帯夜は、10年~18年に彦根市で198日、大津市で171日あった。湿度も高く、7月の彦根市の平均湿度は78%で、「蒸し風呂」と呼ばれる京都市の70%を上回る。湿度が高いと熱中症の危険も増すため、夜間も注意が必要になる。

     近年は温暖化や都市化の影響も見逃せない。80年代の10年間、猛暑日は大津市で20日、東近江市で1日、彦根市ではゼロだった。しかし、10年~18年は大津市と東近江市で107日、彦根市も55日観測しており、大幅に増えている。

     今月1~22日、県内で熱中症やその疑いで搬送された人は542人で、昨年同時期より343人も多い。23日も25人が搬送された。同気象台は同日、長期間の高温に関する気象情報を発表、「今後2週間は命に関わる危険な暑さが続く。夜間も含め熱中症に警戒を」と注意を呼びかけている。

    http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2018/07/20180724135029biwako.jpg
    http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180724000095

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    swimming_butterfly
    1: 野良ハムスター ★ 2018/07/04(水) 17:57:48.30 ID:CAP_USER
    水泳のクロールで速く泳ごうとすればするほど、キック動作(バタ足)は前に進む力に貢献しにくくなる――。こんな研究結果を、筑波大と東京工業大の研究チームがまとめた。秒速1・3メートル(100メートルのタイムで76秒92に相当)より速くなると、足の動きで生じる水の抵抗が大幅に増えるという。生体工学の専門誌「ジャーナル・オブ・バイオメカニクス」に論文が掲載された。

    研究チームによると、クロールのバタ足は下半身を持ち上げて水平に近い姿勢をとるためには必須で、抵抗を減らすのに貢献していると考えられてきた。

    クロールで速く泳ごうとすると腕の回転も増やす必要がある。しかし、腕とキックの動きは連動しているため、キックの回数も増加してしまう。実験では、ワイヤを付けた水泳選手に水槽内で①腕と足で泳ぐ②腕だけで泳ぐ③体をまっすぐに伸ばすの3パターンで泳いでもらい、体にかかる水の抵抗力を計測した。

    その結果、秒速1・1メートル(100メートルのタイムで90秒91に相当)の低速ではバタ足は推進力になっているものの、秒速1・3メートルを超えると足の動きが水の流れを妨げ、抵抗は速度の3乗に比例して大きくなっていた。

    この成果は、小学生も含め多くの選手の泳ぎに関係するとみられる。筑波大の高木英樹教授は「振れ幅の小さい、しなやかなキックを打ち、水をつかむ上半身の技術を磨くことがタイム向上につながるだろう」と話している。(杉本崇)


    朝日新聞 2018年7月4日11時09分
    https://www.asahi.com/articles/ASL732TJ1L73ULBJ002.html
    論文
    https://doi.org/10.1016/j.jbiomech.2018.05.027

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    rocket_kirihanashi
    1: しじみ ★ 2018/07/25(水) 10:57:08.33 ID:CAP_USER
    ロシア国営の宇宙企業ロスコスモスは2018年7月10日、国際宇宙ステーション(ISS)に補給する物資を搭載した「プログレスMS-09」補給船を打ち上げた。

    補給船はその後、3時間40分でISSにドッキング。従来、プログレスは打ち上げからドッキングまで約6時間かかっていたが、それを大幅に短縮する史上最短記録を樹立した。

    この技術を有人のソユーズ宇宙船の打ち上げにも取り入れることで、宇宙飛行士の負担が大きく軽減できると期待されている。

    ■プログレスMS-09

    プログレスMS-09を載せた「ソユーズ2.1a」ロケットは、日本時間10日6時51分(バイコヌール時間3時51分)、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地の第31発射台から離昇した。

    ロケットは順調に飛行し、約9分後にプログレスMS-09を予定どおり分離。地球を回る軌道に投入した。

    プログレスMS-09はその後、軌道を修正しつつ地球を約2周し、ISSに接近。そして打ち上げから3時間40分後の10時31分に、国際宇宙ステーション(ISS)のピールス(ピアース)・モジュールにドッキングした。

    補給船には食料や水、日用品、燃料や酸素、新しい宇宙服など、約2567kgの物資が搭載されている。

    ■わずか3時間40分で到着

    今回の打ち上げでは、打ち上げからドッキングまで軌道を約2周回、時間にして4時間弱で行う、新しい飛行プロファイルが初めて試験された。

    かつて、プログレス補給船や、有人の「ソユーズ」宇宙船は、打ち上げからドッキングまで約2日かかっていた。しかし、2008年に運用が始まった「プログレスM-M」補給船から飛行時間の短縮が可能となり、2012年に打ち上げられた「プログレスM-16M」で6時間でのドッキングに成功。そして、のちにソユーズ宇宙船にも取り入れられ、2013年の「ソユーズTMA-08M」から6時間の飛行が行われている。

    6時間での飛行が可能になった背景には、プログレスM-M型、ソユーズM-M型からコンピューターがデジタル化されたことで、ISSとの軌道修正に必要なエンジンの噴射量を計算したり、噴射後に自身の軌道を決定したりといったことが正確かつ迅速に行えるようになったという理由がある。

    ただ、ISSの軌道と発射場の位置との関係上、6時間で打ち上げられるタイミングは3日に1度しか訪れない。また、打ち上げ直前にISSがデブリの回避などで軌道を変えたり、ロケットや宇宙船の不具合で正確な軌道に投入できなかった場合などには、やはり6時間での飛行はできず、2日かかる飛行プロファイルに戻す必要がある。

    約5年が経ったいま、6時間での飛行はほぼ標準的なものになった。しかしロシアは、飛行プロファイルをさらに最適化することで軌道2周回、4時間弱でドッキングする方法を考案。今回のプログレスMS-09で初めて実施され、成功した。

    もともとこの4時間での飛行は、昨年10月に打ち上げられた「プログレスMS-07」や、今年2月の「プログレスMS-08」で行われるはずだったが、ともに打ち上げ直前にトラブルが起きたために延期。その2日後に打ち上げられたものの、軌道の条件などから、従来の2日かかる飛行プロファイルに切り替えられていた。今回の成功はまさに「三度目の正直」だった。

    この成功後、ロシアのプーチン大統領は、関係者とロシアの宇宙産業の競争力の高さを称えるコメントを発表している。

    続きはソースで

    ■プログレスMS-09を載せた「ソユーズ2.1a」ロケットの打ち上げ
    https://news.mynavi.jp/article/20180723-668394/images/001.jpg
    ■ISSに接近するプログレスMS-09
    https://news.mynavi.jp/article/20180723-668394/images/002.jpg

    マイナビニュース
    https://news.mynavi.jp/article/20180723-668394/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    baby_junyu
    1: しじみ ★ 2018/06/29(金) 10:41:36.61 ID:CAP_USER
    【6月28日 AFP】
    女性の乳首は男性の乳首に比べてはるかに多様性に富んでいるとする異色の研究論文が今週発表された。
    進化生物学者らの間で広く支持されている学説に異を唱える結果だという。

     進化生物学の定説によれば、体の部位は重要度が高いほど、個体間にみられる本質的な特徴のばらつきが小さくなる。
    例えば人間の生命維持に不可欠な胆のうや脳幹などには、個人差があまりないという考え方だ。
    一方、鼻や耳も極めて有用な器官で働きは皆ほぼ同じだが、形や大きさが違っても主要な機能が損なわれるわけではない。

     すなわち、本当に不可欠な特徴には、機能上の定型から外れすぎないよう進化的圧力が作用する。
    一方で重要性の低い特徴に関しては、自然が、より正確にはランダムな変化が、
    創造力を発揮できると定説では説明されている。


     ここで乳首に関する今回の研究に戻ろう。
    豪クイーンズランド大学(University of Queensland)のアシュリー・ケリー(Ashleigh Kelly)氏が主導した研究は、
    学術誌「Adaptive Human Behavior and Physiology」に発表された。

     研究チームは「男性の乳首は原型的な進化の副産物で、女性の機能的な乳首の非機能的バージョンとみなされる」と指摘する。
    それに対し、女性の乳首は新生児に授乳するという基本的な目的に沿うようにできている。

     定説が正しいとすると、女性の乳首の個人差は、男性の胸にある無意味な乳首に比べて小さいはずだ。

     そうであれば過去の研究で、女性の陰核(クリトリス)の相対的な長さのばらつきが
    男性器に比べて大きいことが発見された結果と一致するはずだ。
    過去研究では、女性のオーガズムは男性のオーガズムの非機能的な副産物だと結論付けられていた。

     乳首に関しても「機能最優先」の原則が成り立っているかどうかを明らかにするために、
    ケリー氏の研究チームは学生ボランティア63人の乳首と乳頭のスキャン画像を撮影し、大きさを計測した。
    併せて、身長、胸囲、体格指数(BMI)、実験室の室温なども記録した。

     すると結果はケリー氏の予想通り、定説に従っていなかった。
    「女性の乳首は男性の乳首よりも著しく多様であることが、今回の研究で判明した。
    これは、ある特徴のばらつきが機能性の欠如を示すことを示唆する先行研究の信憑(しんぴょう) 性を失わせる結果だ」と
    ケリー氏は述べている。(c)AFP

    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/5/320x280/img_65e30eb261a8591d61410e58f71c1bac239488.jpg

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3180312?pid=20286346

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    osoushiki_obousan
    1: しじみ ★ 2018/06/10(日) 11:18:42.08 ID:CAP_USER
    ■サンスクリット語の翻訳で気づいた認知力のシフト

    古代のインドで使われていた言語「サンスクリット語」でマントラ
    (日本語では真言とも言われ、神秘的な力を持つとされる語句)を記憶して暗誦すると、
    脳の灰白質が増加する――そんな調査結果がこのほど明らかになった。

    調査を行ったのは、スペインのバスク認知脳言語センターで博士課程修了後の研究を行なっている、
    ジェームズ・ハーツェル博士が率いるチームだ。ハーツェル博士はもともと、
    サンスクリット語から英語への翻訳者として活躍していた。

    しかし、サンスクリット語から英語に翻訳する際に脳の認知力が「深くシフト」することに気づいた。
    他の翻訳者たちも同じ感覚を抱いていたという。そこから好奇心が高じ、
    この言語をもっと研究したいと思ったのが、
    サンスクリット語と脳の関係について研究するきっかけだったという。

    米国の科学誌サイエンティフィック・アメリカンのブログにハーツェル博士本人が書いた記事によると、
    実験はサンスクリット語のマントラを子供の頃から記憶し、暗誦し続けている伝統的古典学者の男性をインドのデリーで複数人集めて行われた。

    インドの国立脳科学研究所にてMRIを使い、
    古典学者と、古典学者と同じ属性(性別、年齢、利き手など)の参加者を集めた
    コントロール・グループの脳の構造について比較した。

    ■古典学者の脳灰白質は増加していた

    結果は明白だった。コントロール・グループと比べ、サンスクリット語の古典学者たちの脳は、
    左右どちらも全体的に灰白質が10%大きく、大脳皮質もかなり厚くなっていた。

    また、長期的・短期的な記憶を司る海馬のうち右側の海馬も、
    コントロール・グループと比べて古典学者たちの灰白質は大きくなっており、海馬の75%を占めていた。
    ハーツェル博士はサイエンティフィック・アメリカンのブログで、右側の海馬は特に音や空間、
    視覚などの「パターン」を司ると説明している。

    オーストラリア公共放送SBSによると、
    ハーツェル博士は「海馬がこれほど拡大した様子を示す研究はこれまでに見たことがない」として、
    今回の研究で得られたデータが、脳内で記憶がどう作用するかを理解するのに役立つ、と述べている。

    ■アルツハイマーなどの病気に効果も?

    こうしたサンスクリット語による脳への影響を、ハーツェル博士は「サンスクリット効果」と呼んでいる。
    しかしSBSに対し博士は、こうした効果が、大量の文章を記憶することからのものなのか、
    サンスクリット語特有のものなのかは不明だとしている。

    ハーツェル博士によると、サンスクリット語はマントラや音そのものがヒンディ語、
    英語、チベット語、パーリ語など他の言語とは異なる効果を持っていると昔から言われているようだ。

    同じくサンスクリット語の脳への影響を研究したことがある、
    全インド医科大学のラマ・ジャヤスンダラ教授はSBSに対し、
    サンスクリット語は「非常に科学的な手法で開発された言語だ。
    サンスクリット語では音が最も大切な部分であり、そのため発音は非常に重要で、
    イントネーション、トーン、ストレス、リズムは音の科学とも言える」と説明している。

    「サンスクリット効果」によって、た
    とえばサンスクリット語の古典学者はアルツハイマー病など記憶の病気になりにくくなるのか、
    という疑問についてハーツェル博士は、
    「今の時点ではわからない」とサイエンティフィック・アメリカンのブログに書いている。
    今回の調査はまだ始まりの段階に過ぎず、
    さらなる研究のために現在資金集めを行なっているところだということだ。

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2018/06/iStock-522635466-thumb-720xauto.jpg

    Popular Sanskrit Mantras With Lyrics - Devotional Chants - Jukebox
    https://youtu.be/Y6Hr5KkULA8



    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10337.php

    >>追加の記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング