科学ちゃんねる

科学を中心としたまとめです。

人気記事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    net_ijime_man
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/05(日)09:51:22 ID:mYK
    制服バレちゃうわ
    ちょっと写ってしまった動画を削除するのは安易ではないし、一度広告として出回った動画は削除しにくいし、拡散されてるし、サードパーティの方に頼んでくれとたらい回しにされるし…

    夏休みに入る前に、構内でのSNSの投稿は禁止するという意見を出してるんだが…
    その間に「有名になりたい!」という人は俺へバッシング
    その中に芸能人になりたい人もいたり…

    挙げ句の果てに友達から「お前tiktokに写ってるぞwwww」でいじられるわ、学校でいじめられるわ最悪だよ

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bug_semi_youchuu
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/05(日)01:29:45 ID:5sK
    あいつら羽も体も鳴き声も地味すぎるやろ


    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    thumbnail_mathmark
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/05(日)13:19:23 ID:oIC
    もうちょっとマシな嘘つけや
    子供でも騙されへんやろ

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hito2_genjin_java_pekin
    1: 樽悶 ★ 2018/08/05(日) 14:16:23.97 ID:CAP_USER9
    青谷上寺地遺跡から出土した人骨(県埋蔵文化財センター提供)
    https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180803/20180803-OYTNI50069-L.jpg

     ◇青谷上寺地遺跡 日本人ルーツ解明へ

     ◇県教委など

     県教委は3日、青谷上寺地遺跡(鳥取市青谷町)で見つかった弥生時代後期の人骨約40点を使って、DNA分析する調査を国立科学博物館などと始めたと発表した。弥生時代後期の人骨をこれほどまとまった形でDNA分析するのは初めて。

     調査は、同館と国立歴史民俗博物館、県埋蔵文化財センターなどの共同研究。青谷上寺地遺跡では、約5300点に及ぶ人骨が出土しており、そのうち約40点から、微量の骨を削り取り、ミトコンドリアDNAや核DNAの分析を行う。弥生時代前期の人骨のDNA分析は、九州北部の甕棺墓(かめかんぼ)に納まった人骨を使ったものなどがあるが、後期で多数の人骨を分析した例はないという。

     調査では、髪の毛や肌、瞳の色などの身体的特徴のほか、すでに分析が進んでいる大陸や朝鮮半島、在来の縄文人の遺伝的特徴と比較することで、日本人のルーツの解明につながる可能性がある。

     県教委の担当者は、「弥生時代後期の人に関するデータは少なく、縄文時代から日本人がどう変化してきたかを知る糸口になることを期待したい」としている。

     DNAの分析を受け、県は「青谷人プロジェクト」として、研究成果を紹介するフォーラムの開催や、フィギュアによる人体の復元などを検討している。

    読売新聞 2018年08月04日
    https://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20180803-OYTNT50218.html

    ★1:2018/08/05(日) 01:27:21.56
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533400041/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kangaeruhito
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/05(日)12:57:32 ID:2gM
    そんな人間でも腹は減るんだろ?ムカつく

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    noiroze_juken_man
    1: 1 2018/08/05(日)12:12:16 ID:HeX
    は?息子の受ける大学馬鹿にすんなや

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    shinrei_spot_building
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/05(日)12:57:25 ID:5QM
    Home > 千葉

    赤へち屋敷

    場所:八千代市
    投稿者 chinnta []

    千葉県の八千代市にこんな奇妙な話がある。

    (1)八千代市に昔からあるこの屋敷には、妖怪の赤へちがでる。

    (2)この家にある冷蔵庫の中のある、メロンを見るとすっかり干からびて干し大根の様になっている。

    (3)この家は、一年中ラップ現象に悩まされている。

    (4)この妖怪赤へち、こともあろうに目撃者の前で、赤黒く、先端がまるい自分の000をだしてxxxxをする!という。

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    war_senji_schoolboy
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/05(日)12:32:33 ID:zJE
    別の戦争で落とされたんかな

     

      >>追加の記事を読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      noiroze_juken_man
      1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [JP] 2018/08/05(日) 08:51:15.20 ID:1XAR7Z1e0 BE:194767121-PLT(12001)
      sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
      東京医科大(東京)が医学部医学科の一般入試で女子受験生の合格者数を抑制していた問題で、同大による内部調査の詳細が判明した。今年の一般入試では、
      受験者側に知らせないまま、減点などで女子だけでなく3浪以上の男子の合格者数も抑える一方、5人前後の特定の受験生には加点していた。一連の得点操作は、臼井正彦前理事長(77)の指示で行われていた。



       同大は週内にも調査結果を公表する見通し。文部科学省の私大支援事業を巡る汚職事件で、臼井前理事長を贈賄罪で起訴した東京地検特捜部も、一連の操作を把握しているとみられる。
       同大医学科の今年の一般入試は、マークシート方式の1次試験(計400点満点)後、2次に進んだ受験者が小論文(100点満点)と面接を受け、1次の得点と合算して合否が決まった。

      https://www.yomiuri.co.jp/national/20180805-OYT1T50003.html

      >>追加の記事を読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      zeikin_baramaki
      1: ごまカンパチ ★ 2018/08/05(日) 01:29:25.89 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00231990-toyo-soci&pos=3
       経済学者のジョン・メイナード・ケインズ(1883-1946年)は、 1930年に”Economic Possibilities for our Grandchildren(孫の世代の経済的可能性)”という
      エッセイの中で、イギリスやアメリカのような先進国では、テクノロジーの進化によって20世紀末までに週15時間労働が実現しているだろうと予言した
      (”Essays in persuasion<ケインズ 説得論集>”)。

       ケインズの指摘する通り、確かにテクノロジーは大いに進化したものの、結局、この予言は当たらなかった。
      ロンドンスクール・オブ・エコノミクス(LSE)の社会人類学教授のデヴィッド・グレーバーは、その理由を、テクノロジーがむしろ無意味な仕事を
      作り出す方向に使われたからだと説明する。

       グレーバーは、”We are the 99%(我々は99パーセントだ)”というスローガンで行われた、2011年のニューヨークでの抗議活動
      ”Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ)”の理論的指導者として一躍有名になった、反グローバリズムを訴えるアナキストの社会活動家でもある。

      ■「今の道徳観は真っ赤な嘘」

       彼は代表作の”Debt - Updated and Expanded: The First 5,000 Years(負債論 貨幣と暴力の5000年)”の中で、貨幣の歴史は血と暴力によって彩られた
      負債の歴史であり、「借りたお金は返さなければならない」と信じられている今の道徳観は真っ赤な嘘で、我々は全てを帳消しにして出直すべきだと宣言して、
      世界中に大きな衝撃を与えた。

      そして今、世界中で話題になっているのが、グレーバーの新刊書”Bullshit Jobs: A Theory(どうでもいい仕事:その理論)”である。
      グレーバーは、これに先立つ2013年に、"On the Phenomenon of Bullshit Jobs(どうでもいい仕事という現象)”というエッセイを発表して大評判になったが、
      本書はそれを加筆して書籍化したものである。

       タイトルも含めて、本書に”bullshit(ブルシット)”が出てくる箇所は無数であり、この単語が何回出てくるか、是非とも誰かに数えてもらいたい。
      多分、1000回以上は出てくるのではないだろうか? 
      ”bullshit”は、英和辞書には、少し品良く「たわごと」とか「でたらめ」と書かれているが、直訳すれば「牛の糞」だから、日本語でもやはり「クソっ!」ということである。
      最近、ネットでもやたらと「クソ~」という言葉が氾濫しているが、あれと全く同じニュアンスだと思えば良い。
      従って、本書のタイトルを直訳すれば、「クソな仕事」ということになるのだが、グレーバーは、具体的にはどのような仕事を”bullshit job”と考えているのだろうか。

       グレーバーが”bullshit job”という言葉を思い付いたのは、カクテルパーティーで自分の仕事について話したがらない人に、一度ならず出会ったからだそうだ。
      グレーバーの話にはとても興味を持ってくれるのに、自分の仕事の話になると直ぐに話題を変えてしまう。
      そして、少し酒が入ると、「上司には内緒ですが、自分は何にもやってないようなものです」と打ち明けてくれる。

       そうした人達は、往々にして会議で図表やグラフを駆使してプレゼンするような中間管理職なのだが、実際にこんな会議を望んでいる者は誰もいないし、
      出席したところで何かが変わる訳でもないことを、自分自身でもわきまえている。そこでグレーバーは、こうした類の仕事を”bullshit job”と呼ぶことにしたのだそうだ。

      ■無意味な5つの仕事

       彼は世の中の仕事の過半数は無意味であるとした上で、特に、次に挙げる5つの仕事は全く無意味であると結論付けている。

       ① ”Flunkies(太鼓持ち)” 受付係、秘書、ドアマンなど、自分が重要な人物だと思わせるために存在する仕事
       ② ”Goons(用心棒)” ロビイスト、企業弁護士、テレマーケター、広報など、雇い主のために相手を攻撃する仕事
       ③ ”Duct Tapers(落穂拾い)” 出来の悪いプログラムの修正など、そもそもあってはならない問題の手直しをする仕事
       ④ ”Box Tickers(社内官僚)”  パフォーマンスマネジャー、社内広報誌のジャーナリスト、休暇のコーディネーターなど、内向きの仕事
       ⑤ ”Task Makers(仕事製造人)” 中間管理職やリーダーシップの専門家など、無駄な業務を生み出す仕事

      ※続く

      >>追加の記事を読む

      このページのトップヘ

      アクセスランキング