科学ちゃんねる

科学を中心としたまとめです。

人気記事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mushi_ginyanma
    1: しじみ ★ 2018/08/04(土) 11:27:36.68 ID:CAP_USER
    京都府南山城村では、山林を切り崩してメガソーラーを建設する計画が進められています。住民らは絶滅が危惧されているハッチョウトンボに悪影響があるとして、府に中止するよう求める申し入れ書を提出しました。

     京都府南山城村。5年前からメガソーラーの建設計画が進められています。

     「あちらに見えている山一帯が切り開かれ、その上にメガソーラーが建設される予定だということです」(稲付晴日記者リポート)

     東京の建設会社が進めているもので、約80ヘクタールの山林に建設しようしています。しかし…

     「こういうところになぜつくるねん」(村の人)
     「広い面積で木が切られていき、環境が大きく変わると思う。小さな生物にとってはすむ環境が厳しくなっていく」(村の人)

     京都府の天然記念物「ハッチョウトンボ」。体長は2センチほどと小さく、湿原に生息しています。近年数が減っていて、府の「準絶滅危惧種」に指定されています。住民らはメガソーラーの建設によって、ハッチョウトンボが絶滅する可能性があると主張しています。

     メガソーラーの建設予定地は府が管理する土地のため、計画を進めるには京都府からの認可が必要です。2日、住民から相談を受けた弁護士らが府に対し、許可手続きをすべて中止するように求める申し入れ書を提出しました。

     「生息状況をきちんと実態調査して、メガソーラーの建設計画がハッチョウトンボの生息環境にどういう影響を及ぼすのか、予測と評価をしてその結果を府民に公表してもらいたい」(中島晃弁護士)

     建設会社は「当社の調査で環境へ著しい影響を及ぼさないことは確認している。京都府と協議をし、計画は進めていく」とコメントしています。

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggs8VyIimbbKm2vjUzlAsETg---x400-y225-q90-exp3h-pril/amd/20180802-00023767-mbsnews-000-1-view.jpg

    https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180802/GE000000000000023767.shtml

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    job_suugakusya
    1: しじみ ★ 2018/08/01(水) 23:51:47.37 ID:CAP_USER
    【ワシントン共同】
    国際数学連合は1日、抜群の業績を挙げた数学者をたたえるチャーン賞を、京都大数理解析研究所の柏原正樹特任教授(71)に授与すると発表した。日本人では初めて。

     代数解析学の新たな理論を打ち立てるなどの業績に加え、長年にわたる数学教育への貢献が評価された。賞金は50万ドル(約5600万円)で、半額は柏原氏の指定した京大数理研に提供される。

     同連合は「数学のノーベル賞」とされるフィールズ賞の授与団体で、フィールズ賞受賞者も同時に発表したが、日本人は含まれなかった。チャーン賞は2010年に始まり、今回は3回目。

    https://i.daily.jp/society/main/2018/08/01/Images/11503122.jpg

    共同通信
    https://this.kiji.is/397397187103261793?c=39550187727945729

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fish_tai
    1: しじみ ★ 2018/07/26(木) 20:02:08.59 ID:CAP_USER
    世界初のクロマグロ完全養殖で知られる近畿大学水産研究所(和歌山県白浜町)は
    最新の遺伝子改変技術「ゲノム編集」を使い、筋肉量を1.2倍に増やしたマダイの量産にめどを付けた。
    この「マッスルマダイ」は食べられる部分が従来の1.2倍に増え、実用化されれば高級魚がより身近になる。
    実際に市場が立ち上がるかどうかは国で議論中の規制次第だが、近大は実用化を見据え、安全性の確認などを進める考えだ。

    続きはソースで

    日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33347900U8A720C1LKA000/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    animalface_ookami
    1: しじみ ★ 2018/07/19(木) 16:12:59.88 ID:CAP_USER
    ■最新研究で、放射線が原因の遺伝的変異が外部に広がる可能性が指摘されている

    原子力事故が起きたウクライナ北部、チェルノブイリ原子力発電所。事故が起きた1986年、
    一帯は放射能汚染が広がり、人は住めなくなった。しかし、野生動物にとってチェルノブイリは、
    今も昔も自由に移動できる場所のままだ。

     チェルノブイリの立入禁止区域内には、ハイイロオオカミなどの大型動物が数多くいることが複数の研究でわかっている。
    汚染区域は米国のロードアイランド州と同じくらいの面積(日本で言えば滋賀県ほど)で、人間の居住は認められていない。

     しかし、野生動物も放射線による体への影響から無縁ではいられない。ただ、この分野の研究は盛んで、ときに議論を呼ぶ。
    放射線がどの種に影響を与え遺伝的変異を引き起こしているのか、
    放射線による遺伝的変異が立入禁止区域外にも影響が広がるのかについて、わかっていないことが多いからだ。

    ■区域外を400km歩き回るオオカミ

     最近、放射線を測定できる首輪を使って13匹のオオカミの追跡調査が行われた。
    汚染区域を歩き回る分だけ、オオカミは放射線にさらされていることがわかったが、これは想定した通りの結果だ。
    注目すべきは、次の点だ。首輪をつけた1匹の若いオスは、まず東に向かってベラルーシに入り、その後ウクライナに戻り、
    やがてロシアに入っていたのだ。汚染区域から出て400キロメートルほど歩き回ったことになる。
    これらの観測結果は、学術誌「European Journal of Wildlife Research」に掲載された。

     この調査を率いた米ジョージア大学の野生生態学者、ジム・ビーズリー氏によると、
    オオカミがチェルノブイリの立入禁止区域を出て長い距離を移動することが実際に確認されたのは、これが初めてだという。

     若いオスのオオカミは、メスを探して長い距離を動き回ることが知られるため、
    400キロメートル歩いたこと自体は驚くことではない。
    だが、このことはチェルノブイリ一帯に多くのオオカミがすみ着いていることを改めて示した、とビーズリー氏は言うのだ。

     この研究の筆頭著者で、米ミズーリ大学で動物の移動や生態について研究しているマイケル・バーン氏は、
    「チェルノブイリの立入禁止区域に、たくさんのオオカミがいることは既にわかっています」と述べる。
    「どんな動物でも、個体数があるレベルに達すると、それ以上の個体が同じ場所で生活するのは難しくなります。
    若い動物が外に出ていくというのは、このことを示しているのです」

     バーン氏は「若いオオカミにとっては、
    ようやく仕事を探しに外の世界に出る時が来たということでしょう」と冗談めかして言う。

    続きはソースで

    ■チェルノブイリで暮らすハイイロオオカミのうち、どの程度が放射線の影響を受けているかははっきりしない。
    一方で個体数は増加し汚染地域から離れるオオカミもいる。
    https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/071800315/ph_thumb.jpg

    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/071800315/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    chakuriku_airplane
    1: しじみ ★ 2018/07/01(日) 11:49:10.38 ID:CAP_USER
    米ボーイングが、音速の5倍(マッハ5)を超える「極超(ごくちょう)音速」で飛ぶ旅客機の構想を今週、米
    国の学会で発表した。実用化すれば日米を2~3時間で結ぶようになるかもしれない。

     実現の道筋はついていないが、開発担当者は「20~30年後に飛んでいるかもしれない」。
    7月に英国で開かれる世界最大級の航空ショー「ファンボロー航空ショー」でも構想内容を説明するとみられる。

     極超音速のエンジンを研究する宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、一般的な旅客機はマッハ1を下回る。
    極超音速機は、単純計算で日米を2~3時間で飛ぶ速さという。
    航空業界ではかつて、マッハ2を誇った超音速旅客機「コンコルド」が実用化されたが、
    騒音や燃費の悪さ、料金の高さがネックとなり、約30年で飛行を終えた。極超音速機はコンコルドの2・5倍超の速さとなる。

    ■ボーイングが構想しているマッハ5超の旅客機
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180629003835_commL.jpg

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL6X40XQL6XOIPE016.html

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kaseki_kyoryu2
    1: しじみ ★ 2018/07/29(日) 13:18:18.55 ID:CAP_USER
    福島市土湯温泉町で発見され、筑波大の収蔵庫で60年以上保管されていた正体不明の化石が、2300万~1000万年前の北太平洋の沿岸地域に生息していた大型哺乳類「パレオパラドキシア」の化石だったことが分かった。パレオパラドキシアが生息していた当時、東北の大部分は海だった。同大や国立科学博物館地学研究部、本県の県立博物館などの研究グループが27日までに発表した。化石は県立博物館で29日~9月2日に展示される。

     研究グループによると、化石は右後ろの大腿(だいたい)骨で長さ約30センチ。筋肉の付着面が分かるなど状態は良いという。骨から推定される体長は約3メートルで、付着物から1600万年前よりも新しいと判明。パレオパラドキシアは絶滅した上、近縁の動物が現存しないため生態など謎が多い。名前も「謎めいた古生物」との意味で、標本も少ないとしている。

     収蔵庫の調査で木箱に入った未登録の化石が見つかった。土湯温泉町産出のメモがあり、調べてみると同温泉近くの砂防ダムの工事現場から発見された経緯が判明。1950年代に同大の前身・東京教育大に持ち込まれた後、別の海生ほ乳類と鑑定され、忘れ去られていた。関連する化石や資料は54年に同温泉で起こった大火で失われた。

     共同研究者で県立博物館学芸課の猪瀬弘瑛副主任学芸員(34)は「化石の状態が良いので、筋肉の付き方を調べることで動き方など解明する手掛かりになる」と意義を強調した。パレオパラドキシアの化石は84年に伊達市梁川町でも見つかっているが、今回のように状態が良い化石は国内2例目という。

     「観光資源に活用」

     化石の正体判明を受けて、地元の土湯温泉観光協会は地域活性化に生かす考えだ。すでに「パレオパラドキシア」をモデルにしたご当地キャラ(名称未定)を作成しており歴史や砂防ダムを紹介していく。

     企画段階だが、化石が産出した砂防ダム周辺での化石発掘体験の実施や、化石にちなんだダムカレーなどの新メニューを提供する予定。同協会の池田和也事務局長は「化石を観光資源に活用し、町おこしにつなげる」と期待を込めた。

    http://www.minyu-net.com/news/180728news9.jpg

    福島民友新聞社 みんゆうNet
    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180728-292915.php

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    juice_coke
    1: 名無し 2018/07/16(月)21:17:51 ID:qU3
    コーラ味炭酸水やろが

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ai_kenka
    1: しじみ ★ 2018/07/07(土) 13:03:11.22 ID:CAP_USER
    Googleと同じAlphabetを母体に持ち、世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発した
    人工知能(AI)開発企業・DeepMindが、ファーストパーソン・シューティング・ゲーム(FPS)で
    人間を超えた勝率をたたき出すAI「For the Win(FTW)」を開発しました。ただ敵を倒すだけではなく、
    人間のチームメイトとも協力して有利にゲームをプレイすることができるとのことです。

    Capture the Flag: the emergence of complex cooperative agents | DeepMind
    https://deepmind.com/blog/capture-the-flag/

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    japan_character5_kinki2_shiga
    1: しじみ ★ 2018/07/25(水) 11:43:30.80 ID:CAP_USER
    滋賀には琵琶湖があるから、隣の京都ほど暑くない-。こうした湖国のイメージを覆すようなデータが、今夏の酷暑で明らかになっている。今月には東近江市で全国5位の高温を観測した日があり、大津市では23日に10日間連続猛暑日の史上最多タイを記録した。彦根地方気象台は「滋賀も相当暑く、特に夜は熱中症の危険が高い」とする。理由として、日本一の湖の存在が影響しているという。

     彦根地方気象台によると、15日に東近江市で観測した38・5度は、全国5位の高さだった。23日の最高気温は大津市で36・8度、彦根市で36・1度。大津市は1994年、2013年以来、10日連続で最高気温35度以上の猛暑日となった。

     「琵琶湖は自然の空調設備だ」。滋賀県は大量の水をたたえた琵琶湖のおかげで、気温が上がりにくいとのイメージを持つ人は多い。だが、湖国の7月の平均最高気温は、大津市30・5度、東近江市30・2度で、京都市の31・5度に及ばないものの、臨海部の神戸市や津市の30度より高い。彦根地方気象台に聞くと、「湖岸では琵琶湖の影響が多少あるが、そもそも真夏は湖水温が30度前後と高く、冷却効果はあまり期待できない」という。

     逆に沿岸部は夜、下がりにくい湖水温の影響を受ける。最低気温が25度以上の熱帯夜は、10年~18年に彦根市で198日、大津市で171日あった。湿度も高く、7月の彦根市の平均湿度は78%で、「蒸し風呂」と呼ばれる京都市の70%を上回る。湿度が高いと熱中症の危険も増すため、夜間も注意が必要になる。

     近年は温暖化や都市化の影響も見逃せない。80年代の10年間、猛暑日は大津市で20日、東近江市で1日、彦根市ではゼロだった。しかし、10年~18年は大津市と東近江市で107日、彦根市も55日観測しており、大幅に増えている。

     今月1~22日、県内で熱中症やその疑いで搬送された人は542人で、昨年同時期より343人も多い。23日も25人が搬送された。同気象台は同日、長期間の高温に関する気象情報を発表、「今後2週間は命に関わる危険な暑さが続く。夜間も含め熱中症に警戒を」と注意を呼びかけている。

    http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2018/07/20180724135029biwako.jpg
    http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180724000095

    >>追加の記事を読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    swimming_butterfly
    1: 野良ハムスター ★ 2018/07/04(水) 17:57:48.30 ID:CAP_USER
    水泳のクロールで速く泳ごうとすればするほど、キック動作(バタ足)は前に進む力に貢献しにくくなる――。こんな研究結果を、筑波大と東京工業大の研究チームがまとめた。秒速1・3メートル(100メートルのタイムで76秒92に相当)より速くなると、足の動きで生じる水の抵抗が大幅に増えるという。生体工学の専門誌「ジャーナル・オブ・バイオメカニクス」に論文が掲載された。

    研究チームによると、クロールのバタ足は下半身を持ち上げて水平に近い姿勢をとるためには必須で、抵抗を減らすのに貢献していると考えられてきた。

    クロールで速く泳ごうとすると腕の回転も増やす必要がある。しかし、腕とキックの動きは連動しているため、キックの回数も増加してしまう。実験では、ワイヤを付けた水泳選手に水槽内で①腕と足で泳ぐ②腕だけで泳ぐ③体をまっすぐに伸ばすの3パターンで泳いでもらい、体にかかる水の抵抗力を計測した。

    その結果、秒速1・1メートル(100メートルのタイムで90秒91に相当)の低速ではバタ足は推進力になっているものの、秒速1・3メートルを超えると足の動きが水の流れを妨げ、抵抗は速度の3乗に比例して大きくなっていた。

    この成果は、小学生も含め多くの選手の泳ぎに関係するとみられる。筑波大の高木英樹教授は「振れ幅の小さい、しなやかなキックを打ち、水をつかむ上半身の技術を磨くことがタイム向上につながるだろう」と話している。(杉本崇)


    朝日新聞 2018年7月4日11時09分
    https://www.asahi.com/articles/ASL732TJ1L73ULBJ002.html
    論文
    https://doi.org/10.1016/j.jbiomech.2018.05.027

    >>追加の記事を読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング